2018.04.19 Thursday

あかがねプロ野球ニュース 第14球

0

    今週のあかがねプロ野球ニュースは

    先日、一緒に食事をさせていただいた時にお約束した

    愛媛マンダリンパイレーツ公式戦in新居浜市営球場の

    ご案内からスタート。

    そもそも、四国アイランドリーグPlusNPB

    プロ野球選手を送り出すための選手育成はもちろんのこと

    地域貢献も大きな柱として、地域に根差した活動を

    しております。

    各球団には元NPB選手が監督を務めており、

    愛媛マンダリンパイレーツの監督はジャイアンツで

    活躍した河原純一さん。(ちなみに香川は西田真二さん、

    徳島は石井貴さん、高知は駒田徳広さん)

    愛媛マンダリンパイレーツに在籍している選手の紹介や

    アイランドリーグにまつわるお話など、コーナーの最初に

    させていただければ、と思います。

     

    そして、メールでご質問をいただいた回答も。

    「ジャイアンツの上原投手が救援に失敗するのが続いていますが

    限界でしょうか?」

    そもそも、上原投手が巨人に入団が決まったのが3月半ば。

    キャンプにも参加しておらず、調整ができていない中で

    突貫工事の一軍のマウンド。最初は経験を生かして抑えましたが

    やはりスコアラーが弱点を見つけてそこを攻略しているのでは?

    直近の広島戦では菊池選手に手痛い一発を浴びた。

    フォークのすっぽ抜けという、当たれば一番飛ぶ球を捉えられた。

    その後の打者は大振りせずにコツンと当てるバッティング。

    うまく捉えた打球はことごとくヒットゾーンに飛んでいき

    瞬く間に失点を重ねて2試合連続のリリーフ失敗。

    首脳陣も勝利の方程式から外すことを決定。

    だからといって、上原投手が今後通用しないとは思わない。

    メジャー時代も高い修整能力を見せただけに、長年使い慣れた

    メジャー球から少し小さくなったボールやメジャーよりも

    柔らかいマウンドへきっちりと対応してくるに違いない。

    一人のファンとして、悲観的な意見だけは出したくないと

    いうのもありますが。

     

    続いては歴史的大逆転の試合の話。

    前日に行われた西武−日本ハムの試合は8回の表を終わって

    8−0と日本ハムが大量リード。どうあっても日本ハムの

    優位は動かない試合のはずだったが、先発の高梨の後を受けた

    上原、田中が乱調。慌てて投入したセットアッパーのトンキンも

    流れを止めることができず、最後は宮西まで投入し何とか

    1点リードで8回の裏を終わらせた。

    しかし、勢いのついた西武打線は抑えの石川を攻めて

    あっという間に無死満塁のチャンスを掴むと森がセンターオーバーの

    逆転サヨナラタイムリーを放った。

    初得点が8回以降で8点差を逆転したのは史上初。

    逆転した西武打線は確かにすごいが、日本ハムの中継ぎは

    責められない。僅差で6回まできていたので、肩は一度

    作っていたはずだが、7回に4点8回に3点入った時点で

    宮西や石川は今日の登板は無いと思ったはずだ。

    その時点で気持ちが一度切れてしまっている可能性は高い。

    先日の計量オーバーで王座をはく奪された比嘉選手も

    試合には臨んだものの見る影もなく試合も完敗した。

    ボクシングに限らずだが心と体のバランスが取れない

    アスリートは持っている実力の半分も出せないという。

    石川投手はまさか自分がいくと思ってない場面でもう一度

    気持ちを作り直すことができなかったのかもしれない。

    優勝するチームというのは年に数回、こういったミラクルな

    試合をするので、やはり今年は西武が来るのか?

    そう思わせてくれる一戦だった。

    2018.04.17 Tuesday

    少しずつ前へ

    0

      今夜は先輩から一本の電話が。

      愛媛マンダリンパイレーツの委員会を

      されているそうで、「あかがねプロ野球ニュース」

      の中で、5/13の新居浜市営球場での試合の

      PRをしてほしいとのことでした。

      もちろん答えはOK。プロ野球だけだなく

      高校野球や四国アイランドリーグについても

      話すということは最初に決めていただけに

      新居浜の方に聞いていただいて、一人でも

      多くの方に来ていただきたいですからね。

       

      委員会には球団副社長も来られていると

      いうことで、後の食事に誘っていただきました。

      とても物腰の柔らかい副社長様で、

      ラジオで取りあげるという話をしたら

      大変喜んでいただきました。

      愛媛マンダリンパイレーツという名前は

      知っているけど、どんな選手がいるのか?とか、

      もっというなら四国アイランドリーグって何?と

      思う方もいると思うので、そのあたりから

      最初は説明していければいいかな?

      内容を聞いていただいて、いい感じであれば

      球団のホームページのバナーにこのラジオも

      リンク先に張り付けてくれるみたいです。

      話はどんどん広がっていって、オフの時に

      選手に来ていただく話になりました。

      もっとうまくいけば、河原監督生出演?

      なんて話にまでなりました。

      監督が来てくれるなんて夢のような話ですが

      こうやって「あかがねプロ野球ニュース」の

      認知度がどんどん上がってきたら嬉しい。

      当初は何人が聞いてくれてるの?と

      レスポンスも少なく不安ではありましたが、

      最近はこのコーナーに一番メールも

      来ているとのことでありがたいことです。

      今週も木曜日の16:30頃からの放送です。

      是非FM78.0 HELLO NEW 新居浜ライブ

      お聞きください。

       

      http://www.hello78.jp/

       

      アクセスはこちらから。

       

      少しずつではありますが、確実に思いが前へ

      進んでいるような気がします。これも

      ほんと周囲の皆さんのお陰ですね。

      2018.04.16 Monday

      4/18のブライダル Part2

      0

        2件目のブライダルはナチュラル。

         

        DSC_5303.JPG

        DSC_5305.JPG

        DSC_5304.JPG

         

        お花は少なめに、グリーンが多めです。

        こういう時にエクレール(グリーンのミニバラ)は

        本当にいい仕事しますねぇ。

         

        DSC_5302.JPG

        DSC_5301.JPG

         

        ゲストテーブルはシリンダーに入れます。

         

        DSC_5306.JPG

         

        これだけ背の高いお花ですので、

        本当に見栄えがいいですね。

        2018.04.15 Sunday

        4/14のブライダル その1

        0

          天気予報では雨マークがついていたものの

          天気がもった午前中の結婚式。

           

          DSC_5297.JPG

          DSC_5300.JPG

          DSC_5299.JPG

          DSC_5298.JPG

           

          メインテーブルはソファータイプ。

          白メインにライトグリーンとクリーム色をプラス。

          レースフラワーも使いましたが、存在感ありますね。

          飛ばしたスチールグラスもいいですねぇ♪

           

          DSC_5295.JPG

          DSC_5296.JPG

           

          ゲストテーブルは一斉点火のキャンドルイリュージョン

          でしたので、久々のリースタイプ。

          アンダーのクロスとの色のバランスが

          良いですね。今までに見たことのない

          クロスだったのですが、こうやって合わせた

          イメージを頭の中で打合わせしました。

          いわゆるイメージ通りってやつです。

          2018.04.14 Saturday

          プロ野球語らナイト

          0

            新聞にも取りあげていただいた

            あかがねミュージアムのCuカフェイベント

            「プロ野球語らナイト」

            大入り満員とまではいきませんでしたが

            野球が好きな皆さんにたくさん集まって

            いただきました。

             

            DSC_5293.JPG

             

            自前の各球団のユニフォームをずらりと

            並べました。ヤクルトと広島のユニフォームは

            まだ持っておりません。

            今月、坊ちゃんスタジアムで開催される

            ヤクルト対阪神の試合の時に一部の席で

            配布される松山バージョンのヤクルトの

            ユニフォームはゲットする予定です。

             

            各球団について、ファンの方も来ているので

            今年注目の選手や今年の戦い方についてなど

            質問しながら進めていきましたが

            8割方僕が喋ってましたね(^-^;

            ちょうど、巨人対広島の試合中継を

            隣のテレビでしておりましたので、皆さん

            そちらも気にしながらの座談会。

            間にちょこちょことよもやま話を交えて

            あっという間の1時間45分。

            フェイスブックでライブ配信をしたところ

            来れない方が割と見てくれておりました。

            野球に興味のない方にはわかりにくい

            話だったかもしれませんが、好きな方には

            それなりに楽しんでいただけたようです。

             

            最後に今年の順位予想をしていただきました。

            秋には答え合わせがあり、的中率の

            高い方にはお肉のプレゼントがあります。

             

            僕の覚えていなかったことを教えてくれた

            ファンの方もいて、まだまだ知識を

            増やしていかねばとも思う夜でした。

            終了後は来てくれた友人と晩御飯。

            ちょっとで終わるつもりが色んな話で

            盛り上がり日付変わってました。

             

            清文くんが進行役でいてくれたのに

            ほとんど仕切ってしまってごめんね。

            参加いただいた友人、先輩の皆さま

            本当にありがとうございました。

            2018.04.13 Friday

            ひめさぶろうの花の歳時記 4/13

            0

              今日の花の歳時記は今月の花キューピット

              オススメのお花のアルストロメリア。

               

              「アルストロメリ...」の画像検索結果

               

              「インカ百合」と呼ばれ、その形が

              水仙にも似ていることから日本では「百合水仙」と

              呼ばれてもおります。

              花言葉は「未来への憧れ」

              新生活をスタートさせた方に

              贈るのにはいい花言葉ですね。

               

              「アルストロメリ...」の画像検索結果

               

              ちなみに、番組の中で紹介した

              僕の好きな「レベッカ」というのがこちら。

              2018.04.12 Thursday

              あかがねプロ野球ニュース 第13球

              0

                今日のあかがねプロ野球ニュースはまずは

                明日のイベントの告知から。

                 

                 

                プロ野球について語らナイト

                〜プロ野球開幕、順位予想篇〜

                昨年の秋にやったイベントですが

                シーズン始まりましたので、またやろうと

                いう話になってカフェイベントで

                行うこととなりました。

                 

                 

                実は今回のイベント、読売新聞さんの

                愛媛版の記事として採用されました。

                いやぁ嬉しいですね。

                たくさんの方のご来場をお待ちしております。

                 

                さて、今日は番組にメールをいただいて

                それにお答えをいたしました。

                まずは「大谷選手は直接メジャーに行くよりも

                日本プロ野球を経由して行った方がよかった?」

                というご質問。

                結論から言うとこのルートで行って大正解です。

                ドラフトの時には直接メジャーに行きますと

                頑なな姿勢だったのを、その年の最高の選手を

                指名するという日本ハムのドラフト戦略で指名。

                恐らく何年かプレーしてメジャー行きを容認すると

                いう話はできていたのではないでしょうか?

                その中で、二刀流を容認して形にしていく

                プログラムまで作成。恐らく日本ハム以外に

                こういった対応をできる球団はなかったのでは?

                何よりも栗山監督がそこに対してものすごく

                丁寧なケアをしたというのも大きい。

                外出禁止にまでさせて野球に専念させたのも

                才能が早く開花する一因だったように思います。

                直接メジャーに行っていれば、二刀流とは

                いかずに多分ピッチャーでやってたのでは?

                もしかしたら、とんでもないピッチャーに

                なっていたかもしれませんが、大谷選手が

                二刀流にこだわるのであれば日本ハムにいて

                それを形にして、メジャーもそれを容認すると

                いうことになったので、辛辣な意見で二刀流は

                中途半端ということを言う解説者もいますが

                僕は相当なことをやってると思いますよ。

                20勝してホームランキングにならないと

                二刀流とは言えないなんで、むちゃくちゃにも

                程がある。そんな人、一生出てきませんて。。。

                日本ハムで国内に圧倒的な人気を誇って

                メジャーに挑戦ということでファンの後押しも

                大きかった。直接メジャーに行ったら

                「あいつは生意気だ」と思う人多かったはず。

                トータルで考えて本当に今の大谷選手が

                あるのは日本ハムという球団のお陰。

                将来ずっと栗山監督はかけがえのない恩師と

                なるんでしょうね。

                 

                とまあこんな感じで答えました。

                その後にオリックスと巨人が浮上するために

                どうしたらいいか?という話もしましたが

                あまりにも長くなるので割愛します。

                 

                僕なりの視点での回答にはなってしまいますが

                聞きたいことがあればご質問ください。

                m@hello78.jp

                こちらでメール受け付けております。

                2018.04.10 Tuesday

                小学校入学

                0

                  4/9晴れ。絶好の入学式日和。

                  娘が新居浜小学校に入学しました。

                  親も小学校の親1年生。

                  これから少しずつ成長していきたいと思います。

                   

                  DSC_5288.JPG

                  DSC_5289.JPG

                   

                  ランドセルはまだまだ大きいですし

                  制服もダボダボ。徐々にフィットするのかな?

                   

                  DSC_5278.JPG

                   

                  まだまだ緊張の日々が続くと思いますが

                  少しずつ慣れていってもらいたいものです。

                   

                  DSC_5283.JPG

                  DSC_5287.JPG

                   

                  楽しいこといっぱいの6年になりますように!

                  2018.04.09 Monday

                  久々にブーケの画像

                  0

                    土曜日のブーケの画像です。

                     

                    1523176600327.jpg

                    1523176605312.jpg

                     

                    ブーケの画像をアップするのも久しぶり。

                    セミキャスケードのブーケに入れた

                    白い小さいダリアがジャストフィット。

                    いいブーケができました♪

                    2018.04.08 Sunday

                    3作目の是非

                    0

                      ヒットした映画の二匹目のドジョウを狙って

                      続編をつくることはよくあること。

                      なかなか1作目を超えることができずに

                      3作目まで話を持って行けないのがほとんど。

                      バックトゥザフューチャーは1作目から

                      時間を置いて2作目と3作目を同時進行。

                      これは3作で結末を迎えるということが

                      ありきなだけに、しっかり3作目の最後に

                      いいフィナーレを持ってきた。

                      同じようなので見ると、パイレーツオブカリビアン。

                      1作で終わってれば秀逸だったのに、バック〜と

                      同じく2作目と3作目を同時進行。

                      2作目の終わり方が3作目を早く見たいと

                      思わせるいい映画だったのですが、3作目が

                      話題性の割にイマイチ。。。

                      その後に4作目5作目も作って蛇足感ありあり。

                      長く続いたシリーズではロッキーシリーズが

                      良かった。あの感動の1作目。リベンジを果たす

                      2作目。3作目、4作目で強敵と対戦。

                      5作目はちょっと疑問符がつきましたが

                      ファイナルで1作目のファンの心をガッチリ掴んだ。

                      スターウォーズは最初から3部構成。

                      だいたい2作目は1作目と3部作をつなぐ

                      説明にあたるようなところが多く、EP

                      悪くはなかったが、やはりそんな感じだった。

                       

                      前置きが長くなりましたが、今回この記事を

                      書こうと思ったきっかけがある映画の

                      3作目をみたこと。

                      まずはカンフーパンダ3。1作目は良かった。

                      生い立ちの部分を描写しなかったことで

                      2作目の布石は打っていた。そしてきっちり

                      その部分を描くことで2作目を作った。

                      さすがに3作目は無いかと思っていたら

                      大々的にではないが3作目を作った。

                      2作目で本当の親の存在が出てきたものの

                      それをきっちり見せなかったことは

                      やはり3作目の布石だったのか?

                      そして、自身の親に会っての話。

                      最後は自分が今以上強くなるというよりも

                      教える立場になるということを描いた。

                       

                      もう一本はカーズ。

                      1作目は良作で、2作目は意味不明。

                      メーターというサブキャラがいい味を

                      出していたものの、全体に絡めるには

                      やはり難しかったか。

                      さすがに無いと思って出た3作目。

                      峠を越えて若い相手に勝てなくなった

                      マックイーンが今以上に強くなるのでなく

                      コーチの立場になるという結末。

                      いわゆる2作ともロッキーシリーズの

                      最後に右へならえをして作った3作目。

                      そもそも論で3作目を出す必要がなかった

                      映画に最後をつけようとして作った3作目の

                      ような感がしてならなかった。

                      言いたいことはよくわかる。ただ、本当に

                      作る必要あったのかなぁ?

                      ドリームワークス、ディズニーピクサーという

                      アニメ映画の2トップの映画としては少し

                      残念な作品だった。あくまで個人の感想ですが。

                       

                      それを考えると、トイ・ストーリーは

                      本当に秀作だった。1作目で終わっても

                      十分な作品で2作目は2作目で新キャラが

                      出てきて冒険感があり娘も大好きだ。

                      最後に出した3作目は今まで自分たちと

                      遊んでいたアンディが大人になって

                      遊ばれなくなったおもちゃのその後を描いた。

                      そして、最後の最後に感動的なラスト。

                      最初から続編を作ることを前提とせず

                      続編を2作も出し、いずれもヒット。

                      しっかりと完結をさせたのも素晴らしい。

                      スピンオフで出た作品は置いといて

                      トイ・ストーリーは本当にいい映画だった。

                      それだけに、カンフーパンダとカーズの

                      3作目は。。。

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM