2018.09.17 Monday

今週のブライダル その3

0

    ブライダル第3弾はこちら。

    オーバルのテーブルに3つ置きました。

     

    20180918_2674025.jpg

    20180918_2674027.jpg

     

    ナチュラル系。

    アジサイにエクレール、ユーカリにセダム。

    あとはピンクブルニアなども入れました。

     

     

    ちなみにブーケもナチュラルなクラッチブーケ。

    アストランチアの白が可愛い(*´▽`*)

     

    20180918_2674046.jpg

     

    その1でアップした結婚式のブーケも

    ナチュラル系でした。

    画像をいただいていましたが、同じように

    するために普段は買わない花材を買いました。

    フランネルフラワーやワックスフラワー、

    フィリカ。虎の尾は仲卸が手配してくれ

    助かりました。

    店頭にも珍しい花が色々並んで普段とは

    ちょっと違う雰囲気の花も作れてよかった。

    やはり花屋として、王道のものはもちろんのこと

    こういった変わった花材があるといいですね。

    2018.09.16 Sunday

    今週のブライダル その2

    0

      続いてのブライダルはいわゆる

      "ラプンツェル"カラー。

      黄色、オレンジ、ピンクに紫。

       

      20180918_2674052.jpg

      20180918_2674054.jpg

       

      メインフラワー。今回の紫は濃い紫でなく

      淡い色の紫を使いました。

       

      20180918_2674048.jpg

      20180918_2674050.jpg

       

      ゲストフラワー。

      よく見ると白の輪バラが水中花として

      入っています。

      ちょっとゴージャスな卓上花でした。

      2018.09.15 Saturday

      今週のブライダル その1

      0

        3連休ということもあり、結婚式が

        3件ありました。ちょとずつアップしますね。

         

        20180918_2674029.jpg

        20180918_2674031.jpg

        20180918_2674033.jpg

        20180918_2674035.jpg

         

        まず1件目は白です。

        ゴールドのリボンをポイントに入れます。

        もちろん、高砂席に座る二人からしか

        見えないリボンも1つ入れます。

         

        20180918_2674037.jpg

         

        続いてゲスト装花。

        シリンダーにユリの花とスチールグラス。

        シンプルですがこういうのはやっぱりキレイ。

         

        20180918_2674039.jpg

         

        会場を引きで見てもシリンダーの卓花は

        やっぱり壮観ですね(^^♪

        2018.09.14 Friday

        ひめさぶろうの花の歳時記 9/14

        0

          今週の花の歳時記は"敬老の日"

           

           

          秋色カラーに合わせて店内もこんな感じに。

           

           

          オススメの花鉢はグズマニア。

          花言葉が「いつまでも健康で幸せに」

          敬老の日にぴったりですね。

           

           

          あとはリンドウも人気あります。

           

           

          うちのオリジナル商品としては

          すいよう園さんとのコラボ商品。

          お茶の入った寄鉢です。

           

          もちろん、切り花もたくさんあります。

          おじいちゃんおばあちゃんにお花を

          贈ってみませんか?

           

          2018.09.13 Thursday

          あかがねプロ野球ニュース 第34球

          0

            今日も若干遅刻してのコーナー。

            たくさんの方から色んなご質問を

            受けました。それに答える形で

            コーナーを進めるという理想的な形。

             

            まず、ダルビッシュ投手が手術。

            日本人投手はメジャーに行くのを

            やめればいいのに、というご意見。

            確かにメジャーに行くと登板間隔が

            短くなり、体が壊れやすくなります。

            あと、人間の目は横には動きやすいですが

            縦の動きというのは横に比べると

            スムースにいきません。なので、

            野球でも横の変化よりもメジャーでは

            縦の変化球の方が重要です。

            過去にメジャーで名をはせた野茂さんに

            佐々木さん、二人に共通するのは

            "フォークボール"

            正直、他の変化球はないので真っすぐと

            フォークボールでメジャーの猛者を

            牛耳ったことになる。

            今、メジャーで活躍する投手のほとんどが

            落ちるボールとしてスプリットを投げる。

            フォークとスプリットの違いは投げ方。

            フォークは人差し指と中指で挟んで

            抜くように投げる。スプリットは腕を

            ひねって投げる。何でフォークに

            しないかというと、練習してもプロで

            投げられるレベルの球でなければ

            それは使えない球。野茂さんは本当は

            スライダーを覚えたかったが、それが

            無理だったのでフォークを試したら

            ばっちりハマった。同じく佐々木さんも

            新しい球を模索していて、3週間であの

            魔球を身につけたという。

            なので、誰でもフォークを投げれるかと

            いうとそうでもない。どちらかといえば

            スプリットの方が習得しやすいのだ。

            肘に負担をかけてもスプリットを投げないと

            メジャーでは通用しない。その辺りが

            痛し痒しの部分ではある。関係ないという

            人もいるが、スプリットの多投で肘を

            痛めてしまうのは、ダルビッシュも

            田中マー君も大谷もそう。

            それでも、日本国内で無双状態の彼らには

            NPBという枠は狭すぎる。より高い

            頂きを求めてメジャーに挑戦するのは

            止めることはできないのた。

            今、国内でトップの右腕・菅野はメジャーへの

            憧れを口にしているし、トップ左腕の菊池は

            今オフにメジャー挑戦がほぼ確実視される。

            日本プロ野球の人気選手のメジャー挑戦は

            興業的にもダメージは大きいが、その経験を

            伝えるという部分もあるので本当にこれは

            難しい問題。行ってほしくはないけれど

            メジャーで活躍する姿には心躍る。

             

            その他として、杉内・村田という松坂世代の

            引退の話もあったが、それはこのブログ内でも

            やったのでここでは書かないでおきます。

            新井選手の話をメインにするはずが、時間が

            全く足りずにちょこちょこっとしかできなかった。

            新井選手の最後の試合の後に目一杯ここで

            書かせてもらうことにします。

             

            高校野球に関することもいただいてましたが

            それは来週に持ち越しさせてもらいます。

            2018.09.12 Wednesday

            男の花道 Part2

            0
              松坂世代の大物がまた一人ユニフォームを脱ぐ。

              今日の朝刊で杉内俊哉投手が引退を表明。
              ここ3年は登板機会がなく、復帰を目指していたが
              村田修一選手の引退もあり気持ちの整理をつけた。
              FAで5年15億、背番号18という破格の提示で
              来た以上はそれなりの結果を出してくれないとと
              思うのはファンはもちろんフロントもそうだっただろう。
              1年目はノーノー達成など噂にたがわぬ実力を見せるも
              2年目は数字を落として、しかも日本シリーズ2敗。
              3年目も3億もらう選手にしては物足りない数字。
              4年目は初回10失点とかあり、一年通して投げれなかった。
              それから3年は登板なし。リハビリは大変だったのは
              わかるが、他にFAで来た工藤投手はプロテクトから
              漏れてFAの補償選手で横浜に行ったし、
              小笠原選手は中日に出されたし、
              杉内投手より貢献度の高いFA選手の扱いから見たら
              かなり優遇されていた。
              結局、大幅減俸はあったものの全く2年間投げることも
              できなかったピッチャーを巨人が契約を結んだことに
              驚いた。FAで巨人に来て巨人で引退した選手の
              少なさが物語るように三顧の礼で迎えながらも
              結果が出なければ容赦なくチームを追い出す。
              そんなチームカラーなだけに、「なぜ?」と
              首をかしげるファンも多かったと思う。
              育成にという話も無いことはなかったが
              背番号18から育成の3桁の番号になり
              再び18に戻すことができないという
              心遣いもあったのかもしれない。
              そもそも、ソフトバンクから入団が決まり
              巨人サイドが背番号18を提示したが
              巨人の背番号18は堀内⇒桑田と右の
              エース投手が背負ってきただけに
              左のエースの背番号21にしてほしかった。
              (ちなみにずっと背負ってきた背番号47は
              山口鉄也がつけていただけに背負うことは
              できなかった。)
              facebookの巨人軍のコミュの中でも
              当然、この話題は多くの方が取り上げていた。
              「お疲れさま」と労いの言葉をかける方も
              いれば、批判的な意見を言う人もいた。
              批判的な意見に対し「労いの一言もかえれないなんて」と
              いう人もいた。まぁ、その気持ちもわからないでも
              ないが、これが仮に山口鉄也投手だったらどうだろう?
              今年は一軍での登板がない。来年再来年と投げることが
              できずに引退を表明したら、投げれない期間のことが
              どうこうではなく多くの方が「お疲れさま」と
              労いの言葉をかけるだろう。プロ野球史上に残る
              鉄腕左腕の引退だけに、賛辞を送るのはもちろんだ。
              杉内投手も歴代の中では歴史に残るサウスポー。
              仮にホークスで今と同じ状態で引退したならば
              斉藤和巳投手と同じように投げれない期間が
              長くとも皆口を揃えて「お疲れさま」と
              労いの言葉を多くかけただろう。
              FAでチームを変えるということは本人にとって
              大きな評価を得ることにはなるが補償選手で
              若手の有望株や大物ベテランをチームから
              失わせることになるだけに、活躍は当たり前。
              そう見られることは仕方がない。
              それだけの覚悟を持ってFAを宣言するのだから
              いい思いをする代わりに辛い思いもついて回る。
              結局、そう言ったら度量の狭い人間と思われるが
              杉内投手に対しては数年前の菅野投手よりも給料を
              もらっているのだから、菅野投手と同等かそれ以上の
              活躍があって然るべきだと思っていただけに
              投げられない時は背番号18は返上してほしかったし
              いつまで契約を続けるのかとも思った。
              それだけに、今日の紙面を見ても「え?やめるんだ?」
              とか「お疲れさまでした」といった気持ちにはならなかった。
              あとベテラン左腕で生え抜きの内海投手がいるが
              内海投手に対しては引退の際には「お疲れさま」と
              きっと声を大にして言うだろう。
              2018.09.11 Tuesday

              iroha(彩葉)

              0

                新居浜のランチ事情は激戦だ。

                まぁ新居浜に限らずどこの市もそうだとは

                思うが、お昼を外で食べる人は多い。

                僕も週に数回は外で食べる。

                だいたい決まったローテーションに

                なりがちで、あまり新規開拓をしない。

                 

                そんな中で、嫁さんがずっと行こうと

                言いながらタイミングが合わずに

                行くことのできなかったお店に

                足を運ぶことに。多喜浜にある居酒屋。

                昼にランチをやっているirohaさん。

                ワンコインの日替わりランチがある。

                この日のメニューはミートソースのドリア。

                 

                20180914_2671889.jpg

                 

                嫁さんがこちらを注文。え?これで500円?

                昼も過ぎると、現場で作業されてる方が

                多く来てこれを注文する姿を多く見た。

                これはお財布に優しく、胃袋も十分に

                満たしてくれますわ。

                 

                20180914_2671891.jpg

                 

                キレンジャーとして、やはりカレーのある

                お店に来たらカレーを食べるのが流儀。

                ということで、カツカレーをオーダー。

                いわゆるレストランで食べる、あのビーフの

                コクがたっぷりのカレーの味。

                給食っぽい食堂で食べるのとは違う、ちょっと

                高級感のある美味しいカレーだった。

                リピーターの方が多いというのも納得。

                 

                実はその他にもメニューは豊富でこの日は

                ハンバーグにしようかどうか最後まで悩んだ。

                魅惑的な金額とメニューに今度もまた

                休みの火曜日に嫁さんと来たいと思う。

                以前、Facebookに味噌カツが日替わりで

                上がっていたのが美味しそうだった。

                それに当たるといいなぁ。

                2018.09.10 Monday

                9月のオススメ誕生花

                0

                  先週の花の歳時記では重陽の節句の

                  イベントの内容だけしか書きませんでしたが

                  9月の花キューピットのオススメ誕生花の

                  お話もしておりました。

                   

                  9月のオススメ誕生花は"デンファレ"

                  バラの花を年の数だけ贈ることはあっても

                  なかなかデンファレを年の数だけ贈ると

                  いうことはありませんが、それでも

                  花の中にいる存在感は大きく、お祝いから

                  お供えまでマルチに活躍するその姿は

                  野球で例えるなら小技が利いてチームに

                  欠かすことのできない2番打者のような

                  役割を果たすお花ですね。

                   

                   

                   

                  花キューピットのサイトから人気の高い

                  商品の画像をピックアップ。

                  1枚目のように濃い色のデンファレも

                  ありますし、2枚目のような可愛らしい

                  ピンク色のものもあります。

                  また、白やグリーンなどもあります。

                   

                  是非、お求めくださいね(^^♪

                  2018.09.09 Sunday

                  男の花道

                  0

                    村田修一選手が引退試合を行った。

                    引退試合に花を添えるべく、巨人の

                    選手を中心の花が贈られた。

                    その画像がこちら。

                     

                     

                    すげー。おいくらくらいするんでしょうね?

                    頭は坂本で最後は阿部。巨人の一軍登録された

                    ことのある選手名はほぼあります。

                    何だかんだネットで言われてましたが、これだけ

                    チームメートから慕われてたんですね。

                    さりげなく木佐貫の名前も入ってる。

                    (なぜなら彼も松坂世代)

                     

                    佐々岡投手からホームランを放ち、

                    矢野捕手の引退試合では藤川投手から

                    3ランを放ち球場を凍りつかせたことから

                    引退試合クラッシャーという嫌な名前を

                    付けられましたが、自身の試合は快晴。

                    忖度のない真剣勝負で5打数1安打。

                    引退試合でホームランとはいきませんでしたが

                    ヒットを放つあたりは流石ですね。

                     

                    最後のスピーチで「悔いはない」と

                    言った顔が晴れやかでした。

                    松坂世代初の名球会入りが期待を

                    されましたが通算2,000本安打に

                    残り135本で引退となり、本当は

                    悔しさもあるでしょう。NPBの最後は

                    巨人から突然の自由契約を言い渡され

                    どこかは獲得するだろうと言われながら

                    結局、どこも手を挙げなかった。

                    数年前なら確実に需要があったはずが

                    どのチームもちょうど世代交代で

                    ヤクルトやロッテは具体的なチーム名が

                    挙がったにも関わらず獲得には動かず。

                    ロサリオが大不振の阪神も6月末に

                    村田を獲得か?!という飛ばしの記事が出た。

                    ナバーロよりも村田の方が金銭的にも

                    絶対お得だと思うんだけどなぁ。。。

                    まぁ阪神も超変革で若手使う言うてて

                    大ベテラン獲ったらあきまへんし。

                     

                    独立リーグに来るNPBを自由契約に

                    なった選手の中で恐らく一番の

                    ビッグネームだった村田修一。

                    結果もそれなりに出してはいたものの

                    昨年の巨人での成績を見ていたら

                    独立リーグで数字を残すことはわかっている。

                    次の雇用先は残り135本のヒットを

                    打つまで辞めさせられないという

                    ジレンマも抱えながらというのが

                    大きなネックになったに違いない。

                    今後については多く語らなかったが

                    今オフにZOZO球団が誕生すると

                    言われているが、志半ばで同じく

                    引退の道を選ばざるをえなかった

                    中村紀洋さんや松中信彦さんたちと

                    共にコーチに就任なんてのも面白い。

                    社長のツイッターで呟いてみようかな?

                    2018.09.08 Saturday

                    重陽の節句イベント

                    0

                      本当は明日9月9日が重陽の節句ですが

                      一日早くイベントを開催いたしました。

                      そもそも、五節句は奇数月と奇数日が

                      重なる日を差します。

                      1桁の奇数月ですので11月は含まれません。

                      別名、菊の節句ということで邪気を祓い

                      長寿の効果があると考えられて菊が

                      使われたということです。

                      ただ、菊=御供の図式が強いだけに

                      御供以外で菊の花を使うことには

                      若干抵抗がある方もいらっしゃるのでは?

                      とはいえ、今日使ったスプレーマムや

                      ピンポン菊、アナスタシアなどは普通の

                      アレンジメントの中に入れることもあります。

                      なので、皆様も菊をちょっと違う見方で

                      見てみませんか?

                       

                      20180908_2669020.jpg

                       

                      今日のアレンジ教室はまさにそれでした。

                      娘も参加して花を生けました。

                       

                      20180908_2669018.jpg

                       

                      スプレーマムは何種類かを用意しましたが

                      女の子らしくピンクを2本使いました。

                       

                      20180908_2669016.jpg

                       

                      全体を見てもなかなかいい出来でした。

                      中央に池を作って、池の上にスチールグラスで

                      虹を見立てました。

                      お花ってやっぱり遊び心も大事。

                       

                      他の参加してくれた皆さんも思い思いの

                      アレンジを生けてくれました。

                      終始和気あいあいとした楽しい時間でした。

                      来年はまた変わったことしたいです。

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM