2017.07.24 Monday

お誕生日のお花たち

0

    先日お届けしたものです。

     

    画像に含まれている可能性があるもの:花、植物

     

    染めの胡蝶蘭をセンター。周囲に渋い色も交えて

    豪華絢爛なアレンジメント。
    画像に含まれている可能性があるもの:花、食べ物
    こちらは99本のバラの花束。
    赤や白はよくありますがオレンジは
    珍しいですね。

     

    2017.07.23 Sunday

    in forest

    0

      まるで森の中にいるような。。。

      そんな結婚式のお花をご用意。

       

      画像に含まれている可能性があるもの:花、植物画像に含まれている可能性があるもの:花

      画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、テーブル、室内画像に含まれている可能性があるもの:花、植物

      画像に含まれている可能性があるもの:室内

       

       

      説明ってあまり書かなくても

      いいように思います。

      とにかく画像を見てください。

       

      画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、花、植物、室内画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、花、植物、室内

      画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、花、植物、テーブル、室内画像に含まれている可能性があるもの:花

       

      ゲストフラワー。小さな器をいくつも

      用意します。花だけでなく多肉植物も

      ちょっとあしらっているのですがわかりますか?

       

      定番のお花でもいいのですが、せっかくの

      結婚式ですのでこだわって自分流に

      作りあげるのもいいと思いますよ(*^-^*)

       

      今回の写真が今後結婚式をされるお二人の

      何かの参考になると嬉しいですね。

      2017.07.22 Saturday

      ひめさぶろうの花の歳時記 7/21

      0

        この日の花の歳時記は、22日が

        僕の誕生日ということで誕生日に

        まつわるお花のお話を。

         

        誕生日というと自身がお祝いを

        していただけることが多いです。

        ただ、その日に自分が世を受けると

        いうのは両親がいたからこそ。

        無事に今年も誕生日を迎えることが

        できたということに感謝をして

        そして、産んでくれた母親にも

        その気持ちを伝えてみてはどうでしょうか?

        なかなか改まって素直に言えないとこも

        あるかとは思いますが、この日だからこそ

        伝えるのには一番いいのでは?

         

        DSC_4363.JPG

         

        さて、僕へのプレゼントですが皆さん

        ビールをたくさんしてくれました。

        ちゃんと糖質0のものをチョイスする

        あたりナイスですね!

        最初は糖質0のビールは物足りなさを

        感じましたが、飲み慣れれば全然

        問題ありません。暑い夏を乗り切るのに

        欠かせないマストアイテムはビール。

        これで夏の終わりまではビールを

        買わなくても大丈夫かな?

         

        DSC_4364.JPG

         

        仕事でお世話になってる空間屋さんからは

        こんな素敵なプレゼントが。

        バルーンの中に写真が入っています。

        と〜ってもオシャレ。

        風船ではないので、しぼむこともなく

        長く思い出を楽しむことができます。

        2年前の進級式の写真をFBから見つけて

        くれてました。ありがたいですね。

         

        DSC_4365.JPG

         

        最後は娘からのこの一枚。

        フライングで書き上げた21日の夜に

        渡そうとしてくれましたが、それはご愛敬。

        「だいすき」という言葉、あと何年言って

        くれるかなぁ?

         

        今年もお祝いいただいた皆様に感謝感謝の

        誕生日でした。45歳まだまだこれからです。

        2017.07.21 Friday

        7/16の結婚式

        0

          僕が旭川に飛んでいる時、地元での

          結婚式ももちろんありました。

          やはり3連休の中日ですから全国でも

          多かったのではないでしょうか?

          この日は2件の結婚式の会場に納品。

          1件目はヒマワリが眩しい黄色オレンジ系。

           

          画像に含まれている可能性があるもの:花、植物

          画像に含まれている可能性があるもの:花

           

          メインフラワー。

           

          画像に含まれている可能性があるもの:花

           

          ゲストフラワーはガラスの器に青い

          ゼリーを入れてその上にお花を。

          まるでトロピカルドリンクのような

          雰囲気のお花ですね。

          黄色オレンジのお花は秋口にも多いですが

          夏っぽい感じ(特にヒマワリが入ると)で

          元気が出ますね。さすがビタミンカラー。

          2017.07.20 Thursday

          先週末のブーケや小物

          0

            16日の記事で掲載した「和」がテーマの

            結婚式の新婦様が持たれたブーケがこれ。

             

            画像に含まれている可能性があるもの:花

             

            蜷川実花の色合いで、ということで

            尚且つ「和」ということでこんな

            感じに仕上げました。

            ピンク、ブルー、紫、オレンジ

            この辺りのお色を使うのですが

            ダリアを希望されておりましたので

            ピンクダリアの”みっちゃん”と

            オレンジの”ハミルトンジュニア”を使用。

            先々週の濃い赤の中で出てきた

            “ナマハゲノアール”あたりも面白いかと

            思いましたが、ちょっと世界観崩して

            しまうかも?と思い自重。

            紫は定番ではありますが、トルコキキョウを

            使いました。青もデルフィニウムを使おうかと

            思ったのですが、青染めのスプレーバラの

            入荷がありましたのでそちらをチョイス。

            新婦様希望の白のピンポンマムを入れて完成。

            道後温泉街を昨年、蜷川実花カラーで

            コーディネートしてましたが、その前で

            写真撮影してもこれならいけてますかね?

             

            画像に含まれている可能性があるもの:花

             

            続いては白にブルーの定番のブーケ。

            青はデルフィニウム+ブルースター。

            オフホワイトということで、バラは

            ブルゴーニュを使いました。

            2017.07.19 Wednesday

            旭川といえばラーメン

            0

              旭川には結婚式でお伺いしましたが

              ご当地のものを食べるというのは

              旅の大きな楽しみでもあります。

              旭川といって一番思い浮かぶのは

              やはり旭川ラーメン。

              事前に色々とリサーチをかけて

              やはり山頭火に行くべきか、いや

              よしのに行くべきかと悩む。

              まずは着いた日のチェックイン後に

              ホテル近くの梅光軒さんに行ってみた。

              コンクール金賞というのももちろんだが

              ビルの地下にあるその雰囲気が何か

              僕を引き寄せるものがあった。

               

              店に入店。混雑のピークの時間は

              とうに過ぎており、待たずに入店。

              しかしながら、テーブル席が1席

              空いているだけでカウンターも

              ほぼほぼいっぱいだった。

              店内にずらりと並ぶ色紙に名店ぶりが

              感じられる。

              壁にメニューが貼られているのを見て

              しばし悩む。というのも、この1ヶ月ほど

              麺類を口にしていなかったからだ。

              久々に解禁するラーメン。個人的には

              味噌を頼みたかったが、ここは旭川。

              店員さんに「旭川での一番定番のもので」

              と頼むとやはり醤油ラーメンを選んでくれた。

              コーンがたくさん入るのも旭川流。

              ならばバターをトッピング。

               

              DSC_4329.JPG

               

              野菜やチャーシューを盛りたいのは山々だが

              ここはあえてオーソドックスな一杯を。

              まずはスープからいただく。

              醤油ラーメン独特のあの感じだクセがある。

              悪い意味のクセではなく、クセになりそうな、

              という言葉で使う意味のクセだ。

              思わずスープだけで3杯もすすってしまう。

              バターから遠いゾーンで麺をいただく。

              ちぢれ麺にはスープがよく絡む。

              一口、また一口と麺を口に運ぶ。

              久しぶりのラーメンということを差し引きしても

              こんなうまいラーメンを食べたのはいつ以来か?

              半分くらい食べた時にバターを全体に広げる。

              濃厚な味わいがまた違う雰囲気のラーメンを

              食べさせてくれる感覚に持っていってくれる。

              間に食べるコーンもシャキシャキでいい

              アクセントだ。メンマも厚切りを超える

              極厚切りで食感を大きく変えてくれる。

              もちろんスープまで飲み干して完食。

              体中の細胞が欲してやまなかったラーメンを

              こんな美味しいもので満たせたというのは

              僥倖、この言葉をもって現したい。

               

              披露宴の後、ここでもう一杯食べないと

              後悔をしてしまいそうだったので

              タクシーの運転手さんに地元の方が

              薦めるお店というのを尋ねてみた。

              返ってきた答えは「春夏冬(しゅんかとう)」

              秋がないのは飽きが来ないから。

              そういえば20代の頃に女性に対する

              口説き文句で「お前はendless summerな女だ」

              というのがありました。終わらない夏=秋が

              来ない=飽きが来ない。

              思わずそれを思い出しました。

               

              DSC_4352.JPG

               

              お店の入り口からして雰囲気あります。

              うまいラーメン屋に欠かせないのは餃子。

              赤ちょうちんに「ギョウザ」と書いてありゃ

              そりゃあ頼まないって方が無粋。

               

              DSC_4354.JPG

               

              ラーメンに餃子に生ビール。

              まだ食うんかい!というくらいオーダー。

              お、おつまみにメンマが。

               

              DSC_4355.JPG

               

              先に餃子が来ます。パリパリの羽根付き。

              臭みがなくいわゆる何個でも食べれちゃう系の

              餃子です。

               

              DSC_4356.JPG

               

              そしてメインのラーメンですが、ここの

              お店は味噌ラーメン。四川味噌なる味噌を

              使っているとうことで、旭川ラーメンとは

              一線を画す印象だった。

              麺はいわゆるちぢれではないウェーブ麺。

              味噌スープとの相性はなかなかなものだ。

              具材も豪快にチャーシューときくらげ入り。

              本来はスープまで気持ちよくいきたかったが

              お腹のキャパがスープのスペースを

              作ってくれずに麺と具を食べて終了。

              レンゲで底を掬うとピーナッツらしき

              物がありましたが、あれがスープの味の秘密か?

              これを書いてる今なら余裕で全部いけそうだが

              1ヶ月食生活を変えたことで胃のキャパが

              少し小さくなってしまったのかもしれない。

               

              翌日も、といきたいところではあったが

              せっかく炭水化物の摂取を控える食生活を

              1ヶ月続けてきたのでこの日の2食で

              今まで食べれなかったものをカバーして

              更にしばらく食べなくてもいいくらい

              蓄えたと思う。

              また1か月後くらいに今度はまた違う

              ラーメン食べてみたいな。

              2017.07.18 Tuesday

              北海道流の結婚式 part2

              0

                前半は大きなしきたりの変化について

                書きました。それはそれでいいところも

                ありまして、文化の違いという言葉で

                片づけてもよいのではないでしょうか?

                 

                披露宴が始まってしまえば後は

                全国どこでも同じようにVTRで

                お祝いメッセージがあったり

                新郎友人のお祝いがあったり。

                やはり旬なところでいくと

                サンシャイン池崎ですね。

                 

                DSC_4347.JPG

                 

                そんな楽しい余興もありつつ

                ケーキカットのケーキはお子さんが

                車を押して持ってきました。

                 

                DSC_4343.JPG

                 

                ファーストバイトをしないのも北海道流?

                入刀して拍手〜で終わってしまって何か

                あっさりしてました。

                 

                あ、お料理の画像がまだでしたね。

                一気にまいりましょう。

                 

                DSC_4338.JPG

                DSC_4339.JPG

                DSC_4346.JPG

                DSC_4350.JPG

                 

                さすが北の大地の恵みの食材は

                どれも美味しかったです。

                ただ、スタッフさんが皿を下げるの

                早いこと早いこと。

                僕みたいにすぐにお皿を空ける人に

                とってはありがたいですが、最後に

                2口分ほど残してる女性に対して

                「お下げしてもよろしいですか?」は

                ちょっと言うの早いんでないの?と

                思っちゃうところも。。。

                 

                DSC_4351.JPG

                 

                デザートビュッフェは会場の外。

                先ほどのウェディングケーキに

                加えてガトーショコラやスイカなど

                たくさんのデザートが並びます。

                面白い趣向として、このケーキの中に

                カラーチョコをコーティングした

                アーモンドが入っておりラッキーな

                5人の方が当選してQUOカードを

                ゲットしておりました。

                 

                1500337460993.jpg

                1500337452071.jpg

                 

                グリーンを扱う会長らしく卓上の

                名前は全て観葉植物でした。

                僕のテーブルにはJFTD学園時代の

                恩師と学園の12期生で会長の昔からの

                幼馴染の子と千葉で一緒にバンドを

                していたメンバーとの合わせて5人の

                テーブルで植物の名前は「パキラ」

                やっぱ僕たちってパキラっぽい?

                北の大地で思いっり幸せを分けてもらいました。

                会長、末永くお幸せに!

                 

                あ、明日は北海道といえばあれ!な

                記事を載せますんで!(^^)!

                2017.07.17 Monday

                北海道流の結婚式 part1

                0

                  さて、メインイベントは結婚式。

                  チャペル式は厳粛な雰囲気の中で

                  行うためかどうかはわかりませんが

                  カメラマン以外の撮影はご遠慮ください

                  とのこと。まず最初の北海道流を見た。

                   

                  その後、披露宴会場に移動となるが

                  ウェルカムドリンクをもらった人は

                  その場で立ち飲みというか、会場前の

                  ロビーで雑談タイム。

                  そして、北海道はご祝儀を包むという

                  ことでなく会費制なので皆さん

                  受付で財布からお金を出し渡している。

                  事前にそのように聞いてはいたものの

                  さすがにお祝いに来てそんなお金の

                  渡し方をするのも何なので、祝儀袋だと

                  ぎょうさんになるからと思いポチ袋に

                  会費を入れて渡しました。

                  何か珍しいなぁ、という顔をされは

                  しましたが仕方ないか。

                  開宴15分前には会場内に入って

                  いきなりビールなどが持って来られる。

                  早いなぁと思ったら司会の方が

                  「新郎新婦ご入場までどうぞご飲食を

                  お楽しみください」とアナウンス。

                  え、主役が来てないのに始めるの?

                  乾杯が終わるまでウェルカムドリンクは

                  飲めても食事をとるなんてことは

                  考えられなかったのですが、北海道流で

                  前菜をいただきながらビールを飲む。

                  あ、ここもサッポロビールかと思いきや

                  キリン一番搾りが出てきましたよ。

                  予定時刻から遅れること10分、新郎新婦の

                  ご入場。会場の雰囲気は既に和やかに

                  なっており、これも先に飲んでるから

                  こそのことなのかな、と。

                   

                  画像に含まれている可能性があるもの:室内

                  画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然、屋外

                  画像に含まれている可能性があるもの:花、飲み物、室内

                   

                  お花屋さんの結婚式では会場装花はもちろん

                  花屋さんが持ち込みます。

                  自分自身の時もそうでしたが、かなり

                  気合の入ったお花になるんですよね。

                  会長もメインフラワーには胡蝶蘭を

                  ガンガン使ってました。

                  あ、僕は卓上にもこれでもか、というくらい

                  入れてましたが(笑)

                   

                  DSC_4341.JPG

                   

                  ブーケももちろん新郎が作成。

                  これは普段ブーケを作らない花屋男子

                  あるあるなのですが、気持ちが入りすぎて

                  ちょっと大きいブーケを作ってしまう。

                  その結果、新婦さんがちょいと重たい

                  思いをしてしまう。

                  会長は普段は観葉植物をメインに扱って

                  おり、そちらに関してはプロですが

                  切り花はあまり触っていないそうです。

                  なのでこのあるあるにはまってしまいますた。

                  新郎の親父さんがこのテーブルに来た時に

                  「ブーケのバック処理とかができてない」

                  と痛烈なダメ出しをしてました。

                  お父さん、お祝いの席なんでそんなこと

                  言わなくても(汗)

                   

                  DSC_4349.JPG

                   

                  それでも愛情たっぷりのブーケを持つ

                  新婦さんの笑顔はとっても輝いてました。

                  あ、それと乾杯前に北海道流というか

                  この会場のスタイルなのかもしれませんが

                  シェフが料理の鉄人ばりに登場して

                  「今日の料理はおまかせください」みたいな演出も。

                   

                  DSC_4337.JPG

                   

                  長いので後編に続く

                  2017.07.16 Sunday

                  いざ旭川へ!

                  0

                    3連休。本来ならば休みなど取れるはずも

                    ないのですが、今回は学園時代の同期生、

                    共に三十路クラブとして活動した同期会の

                    会長の結婚式のために旭川へ飛びました。

                    (あ、ちなみに僕は副会長)

                    夏休みのスタートを告げる3連休。

                    案内をもらってすぐに交通手段を調べました。

                    時間的なことを考えるとやはり飛行機。

                    航空会社のホテル付パックは松山空港から

                    羽田で乗り継いでの往復でしたのでなかなか

                    いいお値段でした。なるべく旅費を抑えたく

                    航空会社の格安チケットを調べに調べて

                    ADOで一番安い羽田−旭川間のチケットを

                    購入しました。あとは東京までの往復。

                    夜行バスは一番リーズナブルですがとにかく

                    身体がキツイ。当初は往復夜行バスという

                    選択もあったのですが、帰りの飛行機の

                    時間の都合で空港到着からかなり時間が

                    空くということと、JRでその日に帰った

                    方が少しだけ高くなるだけで何よりも身体が

                    楽だということで行きは夜行バス、

                    帰りをJRにしてチケットの準備は完了。

                    ホテル代を入れてもパック料金の3分の2

                    くらいの料金で抑えることができた。

                    これで、向こうでの滞在費やお土産代が

                    大幅にアップした(^^♪

                     

                    土曜日の20時10分、夜行バスが東京に

                    向け出発。この日のために購入した

                    ダビスタDSを用意して長時間の移動

                    対策はばっちりである。豊浜SAでの

                    休憩を経て22時には何と消灯。

                    電子機器の灯りは他の方の邪魔になってしまう。

                    悲しいがここで電源オフ。

                    よもやの展開にとりあえず寝ようとするが

                    僕が唯一寝ることのできない交通機関が

                    バスなのだ。しかも、リクライニングの

                    調子が悪く椅子が垂直状態。

                    寝ようにも寝ることができず、目が覚めて

                    前のデジタル時計を見てもほとんど

                    進んでいない。そんなことをただ繰り返して

                    首がつりそうになったりもしながら

                    何とか朝を迎えることができた。

                    渋谷に着いたのは朝の6時30分。

                    昨夜からの飲みが続いているだろう人たちが

                    たくさん歩いている。朝からラーメンを

                    食べている人たち、あしたのジョーの

                    最終話ばりに座りこんでいる人たち

                    なぜかその街中を朝ジョグしてる外人さん。

                    (そのスピードの速さが何よりも驚き)

                    食事をしたいが、こちらもほとんど

                    寝ていないのでとにかく早くゆっくりした

                    スペースに行きたい。駅前のマンガ喫茶で

                    のんびりするという手もあったが

                    万が一爆睡して飛行機に間に合わないなんて

                    ことがあってはいけない。

                    なので、渋谷から品川、品川から羽田空港まで

                    すぐに向かうことにした。

                    さすが3連休の真ん中日曜日。家族連れや

                    旅行客で空港内は人・人・人。

                    空いているソファーを見つけてグッタリする。

                    空港の中はWIFIが使えるのでしばらくは

                    音楽を聞きながら寝てるのか起きてるのか

                    わからない時間が過ぎていく。

                    動画サイトでたまたまオススメの中に

                    犬神家の一族があり、何となく見始めたが

                    やはり出来のよい映画なのでついつい

                    見入ってしまうと搭乗時間が近づいた。

                    飛行機はあえて一番後部座席を選択。

                    乗るとすぐに睡魔に襲われてドリンクの

                    サービスを受けずに寝入ってしまった。

                    2時間も経たないうちに旭川に到着。

                    ただ、北海道は豪雨で着陸態勢に

                    入る時に激しい乱気流で揺れる揺れる。

                    飛行機でこんなに揺れたのって初めてと

                    思うくらいの揺れ。遊園地のアトラクションは

                    だいたい何でも平気な僕ですがちょびっとだけ

                    怖かったです。

                     

                    DSC_4327.JPG

                    DSC_4326.JPG

                     

                    無事、旭川に降り立つも天気は雨。

                    結婚式なのでスーツを着てましたが

                    それでちょうどいいくらいの気温。

                    バスで旭川駅に向かう。

                    広大な自然が目の前に広がる。

                    でっかいどー、北海道。

                    ベタではあるが、この言葉しか

                    出てこない。

                     

                    DSC_4328.JPG

                     

                    ホテルにチェックイン。

                    自動販売機にはもちろんこのビール。

                    郷に入れば郷に従えということで

                    あまり飲まないブランドですが

                    こちらをチョイスいたしました。

                    少し時間ができたので北海道第2の都市

                    旭川を探索。ただ、色んな施設は車に

                    乗っていかないといけないところがほとんど。

                    しまった飲まずにレンタカー借りればよかった。

                     

                    2017.07.15 Saturday

                    『和』がテーマのブライダル

                    0

                      画像に含まれている可能性があるもの:花、植物

                      画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然

                      画像に含まれている可能性があるもの:花

                       

                      本日の結婚式のテーマは『和』

                      春先であれば、桜の枝を1本入れるだけで

                      完全に和風の雰囲気が出るのですが

                      枝物を使わずということになるとやはり

                      ピンポンマムにお願いをしなければなりません。

                      白とグリーンは指定があったのですが

                      別件で仕入れた赤のピンポンマムがポイントに

                      入れる赤に合致しましたので、3種類の

                      ピンポンマムを使うことに。

                      水引を入れこんで和風感もアップ。

                       

                      画像に含まれている可能性があるもの:花画像に含まれている可能性があるもの:花

                       

                      ゲストフラワーも同じ花材を使います。

                      白がメインなので、どうしてもちょっと

                      色の偏りが出てしまうのですが。。。

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM