2018.08.19 Sunday

ベスト4

0

    劇的な満塁ホームランで2回戦を勝った

    済美高校は3回戦で高知商業との

    四国対決を制してベスト8に進出。

    準々決勝での対戦相手の可能性は

    浦和学院、大阪桐蔭、報徳学園。

    正直どことやっても厳しいが

    エース渡辺が好調の浦学と絶対王者の

    大阪桐蔭とは避けたかった。

    準々決勝第2試合で報徳学園との

    対戦が決まった。言い方は悪いが

    強いて言えば一番対戦したかった高校。

    とはいえ、地元兵庫のチームということで

    完全アウェーの中で試合をすることは必至。

     

    そんなプレッシャーもあったにもかかわらず

    済美が幸先よく先取点。この日、山口に代わって

    マウンドに上がるキャプテン池内くんのタイムリー。

    とはいえ、報徳学園も黙ってはおらず

    2回に同点に追いつく。

    実はちょうどこの時間帯にあかがねミュージアムに

    花の搬入があり、あかがねプロ野球ニュースで

    一緒に喋っている山本清文くんと少し観戦。

     

    20180818_115514_001.jpg

     

    4回のピンチで1点は覚悟したが、ショートの

    中井くんが難しい態勢で捕球しながら併殺を

    完成させて無失点で切り抜けた。

    そして5回、済美が3番芦谷くんのタイムリーで

    勝ち越しに成功する。2番手・木村くんの

    カットボールの連投にファウルで粘って

    しぶとくライト前に持って行った。

    こうなると池内くんをどこまで引っ張るか?

    というところだったが、5回に一死一三塁の

    ピンチを招くと中矢監督は迷わずライトの

    守備についていた山口くんをマウンドに呼ぶ。

    報徳学園のリードオフマン、小園くんを

    迎えたところで1点を取られるのを防ぐと

    いうよりも、とにかく小園くんを抑えるために

    エースがマウンドに上がった。

    期待に応えて小園くんを三振に切って取る。

    後続も抑えて1点勝ち越したその裏の

    スコアボードに0を刻んだ。

    済美が押し気味ながら追加点が奪えない。

    山口くんは報徳学園打線をきっちり抑え

    1点差が続く。これは1回戦の終盤と

    同じ戦い方だ。実は8回が一番大事と

    思っていた。というのも、この回の

    先頭打者が小園くん。3-1と苦しい

    カウントになったものの、ファーストゴロに

    打ち取って2番3番も抑えて、一番の鬼門と

    思っていたところを切り抜けた。

    欲しかった追加点は相手のエラーをきっかけに

    芦谷くんが今日2本目のタイムリー。

    大きな大きな1点をバックに最後のイニング。

    相手の異名を忘れていた

    逆転の報徳

    地元チームの声援のボリュームが一気に上がる。

    先頭打者の出塁に湧く一塁側アルプスは

    アゲアゲホイホイの大合唱で攻撃を後押し。

    5番糸井くんの二塁打であっという間に1点差。

    送りバントも決まって一死三塁と同点の

    お膳立てはできた。最大のピンチでまずは

    セカンドゴロで2アウトを取る。

    息詰まるマウンドで最後は伝家の宝刀

    スライダーで空振りの三振を奪った。

    準優勝を果たした時以来のベスト4。

    今までマウンドを誰にも譲らなかった

    山口くんだったが、この試合は通常の

    半分くらいの球数で明日の休養を挟めば

    月曜日の準決勝はいい状態で迎えられるだろう。

    相手は頂点に立つためにはいつかは倒さねば

    ならない大阪桐蔭。

    打撃戦で初戦、2戦目を勝ち、ロースコアの

    僅差で3回戦と準々決勝は勝った。

    接戦を勝ちあがることでチームは強さを

    身につけた。

    大阪桐蔭戦もできれば3点勝負に持ち込みたい。

    そうすれば勝機は十分にあるはずだ。

    ただしかし、あの浦学を圧倒した打棒が

    あるだけにワンサイドゲームにされてしまう

    可能性も無くはない。

    仕事が手につかないであろう準決勝。

    100回目の大会にふさわしい歴史に

    名を残す好ゲームに期待する。

    そして、勝利を掴んでもらいたい。

     

    2018.08.18 Saturday

    ヒマワリのスタンド

    0

      昨日納品したスタンドはヒマワリ。

      久々にハートの枠を使ったスタンド。

       

      20180817_191511.jpg

      20180817_191517.jpg

       

      ヒマワリ80本をふんだんに使った

      夏にぴったりの1本。

      これは久々に圧巻のスタンドでした(^^♪

      2018.08.16 Thursday

      両親の金婚式

      0

        今年の10月の結婚記念日で両親は

        結婚50周年。金婚式を迎えます。

        そこで、子供達から記念の宴を開催しようと

        半年前から準備を進めてまいりました。

         

        1534588424213.jpg

        1534588420612.jpg

         

        8/15にユアーズさんにて身内だけでは

        ありましたが、盛大に開催。

         

        1534588427362.jpg

         

        実は親父は白のタキシード、そして母は

        ブルーのカクテルドレスを着用。

        ブーケももちろん持ちました(^^♪

         

        宴会の中で、ひっそりと温めてきた

        あいうえおカルタにて50年を振り返りながら

        写真で歴史を振り返る企画が大好評。

        普通に写真をスライドするのでは

        インパクトも弱いということで、400枚を

        超える画像の中から厳選した44枚を

        かるたにしました。

        575調で句を作ったこともあり

        とあるルートを通じて、俳句でお馴染みの

        夏井いつき先生のサイン入りの本も

        プレゼントしました。

        孫たちがピアノや剣道の型、ボーイスカウトの

        歌を歌ったりと特技を披露。

        とにかく笑いの絶えない楽しい2時間でした。

        料理も本当に美味しく、何よりも両親が

        喜んでくれたことが最高のプレゼントに

        なったかな?と姉弟で自負しております。

        2018.08.15 Wednesday

        久々の採用

        0

          夏井いつきの一句一遊。

          兼題が難しく、逃げて投句しない週が

          続いてしまった。

          下手くそが投句をしないと何も上達しない。

          頭ではわかっているものの、兼題に対して

          浮かぶものがなく逃げ回った3週。

          これではいかんと、兼題:俳句甲子園に

          投句したところ水曜日に採用されました(*'▽')

           

          小さく拳握る俳句甲子園

           

          組長も句の意図を読み込んでくれました。

          派手に喜ぶのではなく、机の下で小さく

          拳を握って喜ぶ姿を詠みました。

           

          まだまだ金曜日への道のりは長いですが

          ボツになろうと、月曜カーン組だろうと

          投句しなきゃ上達はない。

          下手くそですが、「楽しくないと俳句じゃないぜ」の

          モット―で楽しんでまた投句します!

          2018.08.14 Tuesday

          8/12のブライダル

          0

            先週末は2件ブライダルの担当でしたが

            2件とも同じ色合いでした。

            今年の夏はヒマワリが多かったのですが

            2人とも黄色いヒマワリをメインにしました。

             

            20180812_095835_001.jpg

            20180812_095846.jpg

             

            ガッツリヒマワリ(^^♪

            ヒマワリに白を合わせて挿し色にブルーを

            入れるというのはこの夏の人気カラー。

            きっと来年以降も人気出ることでしょう。

             

            20180812_095513.jpg

             

            ゲストフラワー。

            ホリゾンタルの中にヒマワリの存在感たっぷり。

             

            20180812_095533.jpg

             

            会場全体の画像で見てもヒマワリの

            存在感、半端ないって!

            2018.08.13 Monday

            旧友(とも)との語らい

            0

              済美高校が劇的な勝ち方を収めた余韻も

              冷めやらぬ中、旧友とのサシ飲み。

              彼とは会うとほとんどが野球の話。

              野球部のエースで、テレビ局に就職し

              高校野球を担当していた彼からの

              話は選手目線でもあり、テレビマン目線でもあり

              自分が及びつかないところが多いだけに

              本当に話してて面白い。

               

              20180815_104753.jpg

               

              今年100年目を迎えた夏の高校野球。

              夏の高校野球といえば熱闘甲子園。

              その番組のディレクターとして何試合も

              携わってきた彼はもちろんこの雑誌にも

              名前が出てくる。

               

              20180815_104811.jpg

               

              巻末の名将の言葉の中でも、精神論のような

              言葉が多い中で、ピッチャー出身らしく

              この言葉をチョイスするあたりは流石やな。

              今みたいにカットボールとかクセ球が

              その呼び名がない中で、130キロ台の球を

              投げる投手に対して木内マジックでお馴染みの

              木内監督が述べた言葉。

              試合でそんなきれいなストレート投げたら

              打たれてしまう。クセ球を敢えて投げろ。

              普通、なかなか言えないですよ。

               

              そして、彼の選ぶ高校野球ベストゲームは

              駒大苫小牧vs早実の試合だそうです。

              自身が担当した試合は数あれど決勝戦で

              後に投げ合った投手が共にドラフト1位で

              指名された試合は他にない。

              確かに言われてみれば大味な決勝戦が

              多い中で、こんなに締まった投手戦と

              いうのはそうそうなかったですね。

               

              20180812_182303_001.jpg

              20180812_192153.jpg

               

              ちなみに、この日は同級生のルミーノカリーノで

              飲みました。白わいんを何種類か美味しくいただいて

              料理も全部撮れなかったのですが、赤牛のグリルが

              と〜っても美味でした。

              美味いワインに食事、大好きな野球の話ということで

              時間を忘れて本当に楽しい時間を過ごせました。

              2018.08.12 Sunday

              青の世界〜その2〜

              0

                8/8に続いてブルーのお花をアップします。

                純粋に青いお花というのがさほど多くなく

                バラやカーネーション、かすみ草はブルーに

                染めて使用しました。

                 

                20180809_183817_001.jpg

                20180809_190151.jpg

                20180809_190436.jpg

                20180809_190806.jpg

                 

                20180809_200708.jpg

                 

                こちらはアレンジメントの中にミニオンの

                ぬいぐるみを入れました。

                レインボーローズがかなり引き立ちます。

                 

                また、来年もたくさんご注文をいただいて

                皆様に青の世界をお届けできれば嬉しいなぁ。

                2018.08.11 Saturday

                8/11のブライダル

                0

                  まだ、8/11が山の日で祭日と言われても

                  ピンと来ないのですが、今日は祝日です。

                  ベルフォーレ西条さんで結婚式でした。

                   

                  20180811_093554.jpg

                  20180811_093604.jpg

                  20180811_093559.jpg

                   

                  今日のお二人は夏っぽくヒマワリでした。

                  前撮り用に造花のヒマワリでブーケを作成。

                  それくらいヒマワリへのこだわりがありました。

                  会場のお花もヒマワリをメインにということで

                  ヒマワリが全体の半分を占めました。

                   

                  20180811_093612.jpg

                   

                  ゲストフラワーでこれだけ使うのも結構

                  珍しいと思うくらいたくさん入れました。

                  ひまわりのように明るいお二人が明るい

                  家庭を作っていくんだろうな、と思いつつ

                  今日の搬入をさせていただきました。

                  2018.08.10 Friday

                  ひめさぶろうの花の歳時記 8/10

                  0

                    毎年、お盆前の花の歳時記はお盆のお花について。

                    いつも聞いていただいているリスナーさんには

                    「また同じ話してるの?」と思われるかも

                    しれないのですが、毎月の花キューピットの

                    誕生花の紹介と季節ごとのイベントのお話は

                    その時期、その時期で初めて聞く方も

                    いらっしゃるかもしれないので何度もに

                    なりますがお話をさせていただいております。

                     

                    【お盆】お供えのアレンジメント哀悼の花として最適なアレンジメント

                     

                    亡くなった方(四十九日を迎えた方)の初めての

                    お盆を初盆とか新盆(にいぼん、あらぼん)と

                    言い、普段よりも丁寧にお供えをします。

                    あまり華美ではなく、白グリーンの落ち着いた

                    色合いにしたり、寂しくなりすぎないようにと

                    思う方には少し色を入れていただいて構いません。

                     

                    【お盆】お供え用のアレンジメントやわらかい印象の花と凛としたリンドウ

                     

                    淡いピンクやリンドウを入れるとこんな感じ。

                     

                    あくまでも商品の目安ですので、店頭に

                    来ていただいて、「あの花を入れて」とか

                    「この花も使ってほしい」など言って

                    いただいてももちろん構いません。

                     

                    亡くなってから年数が経つともう少し

                    色を入れる方も多いです。

                     

                    【お盆】お供えのアレンジメント優しい色合いのアレンジメント

                     

                    これくらいのピンクを入れると明るくなりますね。

                     

                    また、お墓にお花のお供えをする方も

                    多くいらっしゃると思います。

                    お盆と秋のお彼岸には先祖を敬うという

                    古くからの良き風習があります。

                    この時期、お墓の周りが賑やかになりますが

                    お供えしたそのままの状態で、という

                    お墓もよく見かけます。せっかくお供えしても

                    どうしても生のお花は枯れてしまいます。

                    なので、その枯れたお花はだいたいの墓地には

                    お花を捨てるところがありますので

                    そこに枯れたお花を捨ててお墓をきれいに

                    するというところまでやってのご供養だと

                    思いますので、皆さんも是非そのように

                    されてみてはいかがでしょうか?

                    2018.08.09 Thursday

                    あかがねプロ野球ニュース 第30球

                    0

                      今週のあかがねプロ野球ニュースはやはり

                      済美高校の勝利のお話から。

                      その内容については8/5のブログを

                      ご覧ください。

                      http://blog.870242.com/?day=20180805

                      さて、今日スタジオに行くと清文くんが

                      「こんな雑誌を預かってます」と手渡して

                      くれたのがこちら。

                       

                      20180809_163014.jpg

                       

                      一瞬、平凡パンチ系の雑誌かと思いました(汗)

                      今年の甲子園出場56校のデータの入った本。

                      ラジオで喋るには格好のネタがたくさん。

                      次の相手の星稜高校の強さをこれを読んで

                      更に膨らませてしまいましたが・・・。

                      共に強打が売りのチームの対戦だけに

                      打撃戦は必至。となると、1点でも多く

                      取ったチームが勝つ。当たり前の話ですが

                      取れる時にしっかりと点を取る。

                      あのイニングでもう1点入っていれば。。。

                      というシーンが必ず出てきます。

                      優勝候補相手ですが、夏の甲子園の2勝目を

                      信じて応援いたします。

                       

                      あと、リスナーの方からヘッドスライディングの

                      是非についての質問がありました。

                      高校野球の最後の打者が一塁にヘッドスライディングを

                      するのはよく見かける光景。実際に

                      ヘッドスライディングと走って駆け抜けるので

                      差を調べると、ヘッドスライディングの方が

                      0コンマ何秒かは早いそうです。

                      闘志を前面に出したプレーには見えますが

                      実はケガのリスクがついて回ります。

                      なので、プロの選手はヘッドスライディングは

                      ほとんどしません。

                      実際、今年の巨人でも吉川選手が骨折をし

                      マルティネス選手も負傷しました。

                      過去では10.8決戦の時に立浪選手が脱臼を

                      したり、遠藤投手はアキレス腱を断裂。

                      必ず負傷するとは限りませんが、やはり

                      リスクがある以上、避けた方がいいかも?

                      その時にインタビューに答えていた当時

                      西武に在籍して4年連続盗塁王の片岡選手は

                      「僕は絶対やりません」と言ってましたし。

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM