聖地・国立!

  • 2007.02.25 Sunday
  • 11:13
ついに行きました。
サッカーをしたことがある人間なら誰でも一度は
憧れる聖地・国立競技場。

ゼロックススーパーカップでレッズ対ガンバ。
昨年のリーグ戦、天皇杯、一年前のこの試合で
苦渋をなめ続けさせられたガンバが王者・レッズに挑む。




試合前から赤いサポーターはすごい盛り上がり。
ちょうど真向かいにガンバサポーターはいるものの
あちらの声援はほとんどかき消されていた。
ガンバの選手に対する強烈なブーイング。
埼玉スタジアムほどではないものの、スタジアムは
ほぼレッズの応援といっても過言ではなかった。

昨オフにレッズは三都主が、ガンバは宮本が移籍した。
そして新たにレッズは阿部、ガンバはバレーを獲得。
1週間後に開幕を控えて、どんな仕上がりを見せるのか
注目していた。

東京は強風で、上に高く蹴ったボールは風に押し戻される。
そういった意味ではかなりやりにくいコンディション。
前半、ガンバが風上のエンドを取る。
戦前の予想として、ガンバ先制→レッズが追いかける
そういう展開になれば盛り上がるかな、と。
その予想通り、ガンバが猛攻をかける。
細かいパスワークから何度もゴール前に詰め寄った。
一方のレッズは中盤でインターセプトされる場合が多く
なかなかペナルティーエリアに入れない。
左サイドに入った小野も輝きのあるプレーを随所に
見せるが、なかなか決定的なチャンスを作れない。
そして迎えた31分。押し戻されたレッズのパスが
ガンバ・遠藤の足元へ。二川へ出されたパスから
チャンスが生まれ、最後はマグノ・アウベスが押し込み
ガンバが先制。しかし、まだ前半。サポーターにも余裕があった。
その数分後、レッズは小野のクロスからワシントンが
巧みなトラップで二人をかわしキーパーと1対1に。
ゴール裏で見つめるレッズサポーターが同点ゴールを信じて
疑わなかったその瞬間、シュートがクロスバーの上を
超えていく。どっと漏れるため息。
これがレッズが迎えた最初で最後の決定的シーンだった。
逆にガンバは42分に二川が豪快なミドルシュートで追加点。
前半を2−0で折り返す。



後半、風上に立ったレッズだったが、単調な攻撃で
ボールを前線に運べない。
一方のガンバ、2点のリードを守るのでなく、更に攻撃的に攻める。
何度もゴール前に詰め寄り、レッズは防戦一方。
しかし、その防波堤も長くは持たず、マグノ・アウベスに
今日2点目のゴールを決められてしまう。
レッズサポーターを黙らせ、試合を決定づけた3点目。
なおもここでバレーを投入して4点目を目指す。
ガンバの超攻撃的サッカー恐るべし、である。
そして、4点目は遠藤の素晴らしい個人技から生まれた。
ゴール左前で3タッチでDF2人を交わしクロスをあげ
バレーのシュートのこぼれ球を3度マグノ・アウベスが押し込む。
昨年の得点王が抜群の嗅覚でゴールを奪う。
そしてタイムアップ。

臥薪嘗胆のガンバが昨年、全く勝てなかったレッズに
どちらが王者かわからないくらいの内容で完勝。
最初はいるのがわからなかったガンバサポーターが
気づけばレッズサポーターを喰う勢いになっていた。

レッズは過密日程でベストコンディションでなかったり
トゥーリオがいなく、DFラインの統率ができなかったりと
敗因ははっきりしていた。しかし、新加入の阿部が
全くといっていいくらい存在感を示すことができなかった。
開幕までたった1週。王者が王者として君臨するための
威厳を取り戻すにはあまりにも時間がない。
逆にスローガン通りの超攻撃的サッカーをしたガンバ。
秋に笑うのはどちらだろう?

初の国立に興奮を隠せず、めっちゃ長い報告になっちゃいました。。。

韓国料理

  • 2007.02.19 Monday
  • 12:30
土曜日に姉夫婦のところに食事をお呼ばれに行く。
いつも美味しい料理を食べさせてくれるのだけど
今回は韓国料理。

まずは鳥ハム。
鳥肉なのに全然鳥っぽい味でなく
ほんとハムの味。薬味をつけなくても
美味しくいただけました。前菜だったのに
かなりぱくついてしまった。



続いてはチャプチェという春雨と牛肉の炒め物。
これがまた絶品。ビールのお供に最高♪



で、今回のメインはサムゲタン!!
言わずと知れたコラーゲンたっぷりの鳥丸スープ。
鼻風邪が抜けきってなかったので
高麗人参などの薬用に加えて、コチジャンたっぷりの
辛さで風邪もかなり吹き飛んだ。
日曜はお肌ツルツルでした。



飲み物もちゃんとマッコリを用意してくれていた。
黒豆マッコリが甘くて飲み易かった。
いつも美味しい料理をいただいて感謝感謝です。

中華♪中華♪

  • 2007.02.13 Tuesday
  • 12:43
食のネタが続きます。
昨日は会社設立と真鍋さんのファイナル出場のお祝いで
新居浜でも評判の高い中華料理の「東風」さんで会食。

まずは前菜。サーモンのサラダと続き・・・






餃子をはさんで、海鮮春巻きにポテチーズという
いもの中にカマンベールチーズの入った揚げ物が。
これが絶妙に旨い!!



フカヒレ入りあんかけ茶碗蒸しなるものが出る。
和中折衷。かなり斬新でした。
フカヒレ食べたのっていつ以来やっけ・・・



更には海鮮あんかけ。エビとイカの織り成すハーモニーが
そらそら絶品でございました。はい。



他にも唐揚げやチャーハンに牛肉の四川炒めとほんと
豪華フルコース。デザートの杏仁豆腐も適度な甘さで
こってりいただいた中華の〆にぴったりでした♪
笑いが絶えない楽しい会食でした。
その中で話の中心はやっぱり店長。
ウケを狙ってやらない行動がこれほど面白い人もそうそういませんね(ワラ)

ラーメン国技館

  • 2007.02.12 Monday
  • 15:54
友人のブログにラーメンのネタがのっていた。
あ。と思い返せば、少し前に行ったところのラーメンを
ネタにするのを忘れてた。
てなわけでご紹介。

お台場にあるラーメン国技館というところに行ってきました。
6つの店舗が入っていて、どこもほんとにおいしそうだったけど
僕らが選んだのは『大大(だいだい)』という
どっちの料理ショーでもよく出ていたあの『せたが屋』グループの
お店である。




一緒に行った友人と意見があって選んだラーメンは白とんこつ。
具も全部のっけ盛りというのを注文した。
とんこつスープによくあう細麺。
半熟卵にチャーシューの味も申し分なし。
何よりもスープの味が絶品!!!!
自分のラーメンに対する評価で一番大事なのはスープ。
最後の一滴まで飲み干したラーメンが
自分の中のラーメンランキング上位に入っている。



サイドメニューにあったホタマヨ飯というのも注文。
全体のバランスがよくて、意外にあっさり食べられた。



学校の中でラーメン研究部なる部活が発足して活動しているらしい。
是非、俺もラー研入ってうまいラーメン食いたいものです。

サクラサク

  • 2007.02.10 Saturday
  • 11:58
3年前に高校受験のために家庭教師をしてた
うちの社員さんの息子が大学に合格した。
高校生の勉強は教えられないので、今回は
何もしてあげられなかったのだが、昨日
「合格しました」とメールで報告があった。

今までいろんな子の家庭教師をしたり、塾講師で
たくさんの教え子がいるけれど、彼ほど急激に
成績が伸びた子は初めてだった。
例えるならジャックと豆の木で、次の日に木が
天まで届いていた。って感じ(ちとオーバーだけど)
勉強を教えるということは、僕なりの解釈の仕方だが
取り組みのきっかけを与えてあげることだと思う。
今までできなかったことが出来るようになると楽しい。
そのわかる喜びをどれだけ与えてあげるかが先生。
「なんでわからないの?」って言葉はタブー。
それは教え方が悪いのである。
どれだけ噛み砕いて説明できるか、それも技量。

彼が高校に受かった時に「ありがとう。先生のおかげです。」と
言われた時にはほんと涙が出るくらい嬉しかった。
おめでとう。春からは楽しいキャンパスライフが待ってるよ♪

新しい御免状

  • 2007.02.04 Sunday
  • 00:00
生け花の小原流の「本科終了」の御免状をいただきました。



あと2時間で生け花も終了ですが、本当にたくさんの時間を
使ったので『ああ、本当によくやったなあ』といった気持ちが
強いです。
最初は本当にわからないことばっかりで、何が良くて
何がいけないのかもわからず、主枝・副枝・客枝の区別も
ままならなかった。
しかし、1年間続けたことによって、かたちの作り方は理解できた。
とはいえ、出来上がった作品には先生が必ず手を入れますが・・・

金曜日にこんな花を生けました。
瓶にいけるかたちで、ミモザがとってもきれいでした。
このかたちは深い器を使うので、主枝は横木どめ。
副枝と中間枝は縦木どめをします。
中間枝(真ん中にびよんと立ってる枝)が結構重たいのだけど
とめ木をすることで安定感が出ます。
ようやくそういうことがきちんとできるようになりました。



再来週の試験はたぶんこの瓶に生ける形が出るらしい。
1年間の集大成。2学期にはA評価をもらったので
是非3学期もA評価もらえるようにしたいものです。


邦画にはまる

  • 2007.02.03 Saturday
  • 12:53
先週、タイヨウのうたについて書きましたが、慌ただしい合間をぬって今週は3本邦画を見た。
まずは着信アリファイナル。
手話にハングル文字、セリフをイメージしながら見るというのがちょっと……
極限の中で自分だけは生き残りたいという人間模様はさながらバトルロワイヤルに通ずるものがあった。
しかし、あまりにも現実離れしすぎてて、見終わった後は何だかなぁ。て感じ。
評価は☆3つ。

続いては嫌われ松子の一生。
最初の30分は何これ(?_?)って感じだったけど、だんだん面白く感じてくる。
ああ、こういう映画の作り方もあんねやなあ。といった感じ。
中谷美紀やっぱいいわ。正統派の演技からこういう役までほんと幅広くこなす。
見終わった後に何かスッキリした感じが残ってよかった。
評価は☆4つ

最後は県庁の星
織田裕二とブルースウィルスの出る映画にはハズレがないと思う僕としては、楽しみではあった。
ストーリーはしっかりしてる。
伊丹十三作品のスーパーの女を少し彷彿させるような
内容だった。
しかし、最近の織田裕二は悪ぶりながら最後は正義のヒーローになる。みたいな感じが多いんだよなあ。
俺的にはもっとダーティーな織田裕二が見てみたい。テレビドラマで悪い医者やったり(あん時も最後はいい奴になったわけだが)、3億円事件の犯人役やってるのがばっちりはまってたし。
踊る大捜査線の青島刑事のイメージ強いから、正義のヒーローと感じちゃうんかなあ?
評価は☆3・5つ

先週も書いたけど、一時がくんと落ちた邦画が近年頑張ってる気がする。
これからも楽しませてもらいたいもんですわ。

実技・実技

  • 2007.01.30 Tuesday
  • 16:49
今日は1日実技。

午前中はクレッセントのヴァリエーション。
以前に作ったクレッセントは真正面から見た三日月形。
今日のは下向きの三日月形。
しかも、メカニクスにスポンジを使わずにアルミワイヤーを
使うという初めての生け方。
最初にアルミワイヤーを長く取りすぎていたため
最後の方に花が入らなくなってしまい、一度抜きなおして
ワイヤーをすっきりさせて再度挿しなおす。
中央にかたまりができすぎてしまったが、下にダランと
垂れ流す感じはまあまあ良くできていると言われた。



昼からはホルダーのキャスケードブーケのヴァリエーション。
テーマはランを強調する。ということだった。
結果から言うと、他の大きいマムやカーネーションの存在が
勝ってしまったという評価。
ラウンド部分から下に流れるところも少々薄い感じが・・・
ヴァリエーションなんで、もうちょっと凹凸つけて
立体感を出さないといけなかった。
1本1本を丁寧に生けることはできたが、完成度でいえば
反省点の多いブーケになってしまった。(泣)

いとこ会

  • 2007.01.28 Sunday
  • 12:13
昨日は、東京にいるいとこが集まっていとこ会をした。
丸の内ビルディング内にある「グルメ満天星」
テレビにもよく出るオムライスが評判の店。

まずは前菜。
フレンチの上品な味。盛り付けがきれい♪




続いてスープ。コンソメが薄く利いてるこれまた上品な味。



メインのおかずはエビフライ・ロールキャベツ・カニクリームコロッケ・
ハンバーグ・メンチカツから選ぶのだけど、入り口に《絶品・メンチカツ》
のようなことを書いていたので、エビフライと迷った末に
メンチカツを選択。
ナイフで切ったら、ジューシーな肉汁があふれ出るかと思いきや
そうでもない。ちょっとがっかりの一品。でも、デミグラスソースは
すげえおいしかった。



そして、満を持してオムレツライスの登場。
問答無用でおいしかった。これを食べているときは皆、無言。
本当においしいものを食べたときに人は言葉を失うというのを
すげえ感じました。
卵のフワフワ感にほんのりバターの香り。エビと貝柱の相性もバッチリ。
もう3杯くらいおかわりしたいくらいだった。



デザートもすっきりした甘さで大満足のコース終了。



久しぶりに会ったいとこたちはもう28歳。
すっかり大人になって、話す内容も昔とは全然変わっていた。
そんな中で、うちの母親の話になると、武勇伝の連続で
笑いが絶えなかった。
すごく楽しかったのでまたやりたいな!!

まだまだ冬ですが・・・

  • 2007.01.23 Tuesday
  • 18:27
今朝もすんげぇ寒かったですね。
見事に今日、筋肉痛来ました。
まだまだ若い証拠ですかね♪

さて、今日は実技。
まずはバスケットアレンジ。
使っている花材がシンシア、ムスカリ、アスターに
ゼラニウム。細い花ばっかです。
そこでスポンジはスプリングフォームという
柔らかいオアシスを使用。
生ける本数は少ないけれど、こういう花を生ける時に
丁寧にできるかどうかというのが出るそうで。。。




こんな感じに仕上がりましたが、シンシアがすごく
春っぽさを出してて、まだまだ冬ですが少し春らしさを感じます。

昼からはワンサイドの花束。
評価付きでした。



上の方でレンギョウとスナップドラゴンの間が
空間として出したつもりが、先生曰く「ただの隙間」に
なってしまい、評価は75点。
枝を使った花束はまだまだ難しい・・・

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM