<< 春らしい造花 | main | こんな花束ならもらってみたい >>
2017.03.14 Tuesday

大谷がいないからこうなった

0

    歴史に残る激闘となったWBCオランダ戦。

    あちらこちらで、勝因は中田だ牧田だ

    菊池だと話題になっております。

    同じことを話してもあれなので、今日は

    大谷がいなかったからこそこうなった、と

    いう着眼点で書いてみます。

     

    まず最初に大谷は投手では無理ということで

    DH起用で当初は出場予定だった。

    仮に大谷が野手として出ていた場合、

    今の侍JAPANのDHは山田。

    必然的にDHに大谷が入るので山田は

    セカンド起用になっていただろう。

    そうなると、今大会で素晴らしく安定した

    守備を見せている菊池がベンチになっていた

    確率が高い。山田が守備もしていれば

    今のように打たなかったこともないかも

    しれないし、大谷が猛打炸裂してもっと

    得点が入っていた可能性は否定できない。

    ただ、その分守備力が落ちていて

    例えばキューバ戦のセペダの当たりが

    ヒットになっていたらあの試合だって

    どうなっていたかわからない。

    今回の小久保監督のコンセプトは

    “守り勝つ野球”。現実的に見ると

    その象徴となっているのが菊池だ。

    プレミア12の時はセカンド問題が

    解消できずに菊池は確か召集されて

    いなかったように思う。

    大谷が出れずに特に先発で絶対的な

    投手の一枚が欠けたのは痛い。

    ただ、攻撃陣においては大谷が

    出れなかったことによりセカンド菊池の

    唯一無二の部分がものすごく浮き彫りに

    なった。慢性的なセカンド不足に悩む

    ジャイアンツファンから見ると

    本当に羨ましく思う。

    過去に名セカンドと言われる選手は

    多くいた。僕が野球を見始めた時から

    だと華麗な守備を誇るのは篠塚、辻、

    荒木、仁志、藤田といった選手だろうか?

    彼らも非の打ちどころのない守備力を

    持ってはいるが、菊池が出て来たら

    どうやっても上に行くことができない。

    昨日の7回の守備はグラブトスでゲッツーを

    狙っていたのだ。止めるだけでも難しいのに

    菊池は必ず投げる。そこがとんでもなく凄い。

    勝負が佳境に入ってきた今、あの変態的な

    守備が侍JAPANのピンチを救うだろう。

    是非アメリカラウンドまで進んでもらって

    世界にKIKUCHIをアピールしてもらいたい。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM