<< ひめさぶろうの花の歳時記 2/9 | main | えひめフラワーフェスティバル 1日目〜その2 >>
2018.02.11 Sunday

えひめフラワーフェスティバル 1日目

0

    今年もこのイベントの季節がやってきた。

    えひめフラワーフェスティバル2018。

    今週、自分が出演したラジオ番組では

    このイベントのPR。

    愛媛の花業界の方々大集合の大きなイベント。

    前日から会場設営をされているメンバーの

    皆様、本当にご苦労さまです。

     

    僕は坊ちゃんコンテストに出品する

    社員の作品を持って土曜日に会場入り。

    オープニングセレモニーからマイクを

    握らせていただく。

    NFDに県からの感謝状の贈呈があり

    オフィシャルな感じで名前をお読みするのは

    やはり少し緊張する。無事に終わったところで

    この日の総合司会のやのひろみさんと合流。

    やのさんに司会をお願いして今回で6年目。

    えひめフラワーフェスティバルには

    欠かすことのできない存在となっている。

     

     

    今回、初の試みでフォトブースを用意。

    グリーンをバックにするとインスタ映えすると

    言われてましたが、ほんといいですね。

    フォトフレームを持ってやのさんと一枚。

    ひろみとひろたけで僕が勝手に名前をつけた

    ひろひろコンビも6年目。

    毎年思うことだが、彼女からの言葉の

    スルーパスは絶妙で、一緒に話していて

    詰まることはほとんどない。

    見に行っていたスタッフも「やのさんって

    すごい上手ですね」と感心しきりだった。

    伊達にこの業界に20年以上いるわけでない。

    今年もほんと助けていただきました。

     

    さて、イベントのスタートは愛媛の

    フローリストと徳島のフローリストが

    5人ずつ持ち時間3分のリレー形式で

    思い思いの花材を取って一つの作品を

    作っていきます。

    最近、『花生けバトル』が全国でかなり

    注目されており、先ごろ徳島県で行われた

    同大会の優勝者の阿部さんも参戦。

     

    DSC_5121.JPG

     

    すごい緊張感の中で行われて、愛媛の

    メンバーが作ったのがこちら。

    愛媛が生んだピンクのデルフィニウムの

    さくらひめをふんだんに使って、赤い枝の

    レッドウィローをデザインで活かしました。

     

    DSC_5122.JPG

     

    対する徳島の作品はこちら。

    北斗の拳風に言うなら柔の拳の愛媛に

    対して剛の拳の徳島といったところ

    でしょうか?顔の大きなダリアや

    大きな葉っぱのモンステラやアレカヤシを

    使ったかなり豪快な作品です。

     

    バトルと名が付くので白黒はっきり

    つけとこう!と来場のお客様に判定を

    拍手でつけてもらいます。

    結果は引き分け。甲乙つけがたく

    ジャッジのやのちゃんも苦渋の決断でした。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM