<< ひめさぶろうの花の歳時記 6/8 | main | 6/9のブライダル >>
2018.06.09 Saturday

あかがねプロ野球ニュース 第21球

0

    あまりにも愚痴っぽくなるので書くかどうか

    ためらっておりましたが、やはり観戦記を

    書かないということが自分の中で無いので

    6/5の巨人−楽天戦を振り返ります。

     

    あかがねプロ野球ニュースでもみっちり

    この内容について語らせていただきました。

     

    直前まで会議をしていたこともあり、

    試合開始の時間にはまだ山手線に乗っておりました。

    関口メンディーの始球式は133k出たそうで、実は

    これが一番の見どころになったという。。。

    さて、巨人の先発は山口俊。地方球場はめっぽう

    強いが東京ドームは未だ勝ち星なしの防御率は5点台。

    初回のピンチも何とか切り抜けてその裏のジャイアンツ。

    先頭の陽の二塁打と田中俊太の四球で無死一二塁。

    坂本の右飛で一死一三塁と絶好の先制のチャンス。

    しかし、ここで楽天先発の古川が開き直る。

    とてもプロ未勝利とは思えない勢いの直球を

    投げ込んで岡本を甘めの球ながら空振り三振。

    続く亀井はボール球を振らせての連続三振。

    それでも、巨人ベンチにしてみたらいつでも

    打ち崩せるという油断はあったように思う。

    試合が動いたのは3回。先頭の嶋を四球で歩かす。

    二死までこぎつけるも茂木が左中間に先制の

    ツーランホームラン。(ちょうどこのタイミングで

    球場に着きました)

    やっぱり先頭打者を四球で歩かすとこうなる。

    その裏は古川が3奪三振。坂本が真っすぐに

    完全にタイミング合わず。4回には二死満塁と攻めたてて

    打席の山口俊は並々ならぬ雰囲気を醸し出していた。

    初球の真っすぐを捉えるもサードのウィーラーが

    年に何度も見せないような横っ飛びのファインプレーで

    どうしても得点を挙げることができない。

    ようやく5回に岡本のタイムリーで1点を返し

    更に二死一三塁と攻めるが今日ブレーキのマギーが

    三振で東京ドームには大きなため息が。

    どうにか山口を援護したいものの7回の一死一二塁の

    チャンスではゲレーロがセカンドラーナー、マギーが

    セカンドゴロと本塁が遠い。

    ちなみにこの試合でもランナーが2人以上いる

    時にヒットが打てず、2人以上の走者がいる

    場面での凡退は30人連続にのぼることになる。

    我慢してきた山口の球数は8回を迎える頃には

    110球を超えていた。この回の先頭打者への

    ボールはキャッチャーが取れないくらいの暴投。

    そろそろ限界かと思ったが、ストレートの四球を

    出してもベンチは動かず。犠打で一死二塁となり

    代打の渡辺にも四球。もう交代だろうと思ったが

    ベンチは斎藤コーチをマウンドに行かせただけで

    続投させた。その結果、田中にタイムリーを打たれ

    致命的な3点目を奪われた。この日のセカンドは

    開幕からセカンドのポジションを守り続けていた

    吉川尚輝に代わって田中俊太。一二塁間をきれいに

    ぬけていくタイムリーヒットではあったが

    吉川ならアウトにできないまでも、止めることは

    できていたのでは?と思うと、確かに打てないが

    1点に値するあの守備力を消したのは勿体ない。

    後手に回った巨人は池田−谷岡とつなぐものの

    谷岡がいきなりワイルドピッチ。とはいえ、落ちる

    球が持ち味の投手のあの球ならば小林に止めて

    ほしかった。3点目が重たかったのに、4点目が

    入ったことでドームには何とも言えない空気が。

    それでも諦めない打線は松井から2つの四球を

    選んで一死一二塁と食い下がる。打席には陽。

    ネクストバッターズサークルでは阿部が準備。

    奇跡の逆転を信じるファンのボルテージはこの日

    一番上がった。制球に苦しむ松井相手に1-2から

    陽は打って出て結果は最悪のショートゴロ併殺打。

    どうにかして阿部に回せば面白かったのに、

    反撃ムードは一気になくなった。

    9回はハーマンに完璧に抑えられてゲームセット。

    巨人の放ったヒットは8本ながら得点は1。

    楽天は3安打しか打たなかったにも関わらず得点は4。

    まぁ、野球とは時にこんなもの。

    見ていた巨人ファンのフラストレーションが溜まった

    だけの試合でした。

    僕は前回の観戦では中日の小笠原がプロ初勝利、

    そしてこの日は古川がプロ初勝利。

    次回は相手チームの投手がプロ初勝利をかけて

    登板するなら見に行くのをやめようかと思うほど。

    まぁ歴史的な1勝を見れたと自虐的に喜んでおきます。。。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM