<< ドカベンと同級生 | main | 今月の東京会議 >>
2018.07.03 Tuesday

何が足りなかったのか?

0

     

    夜中の3時に起きて多くの方が

    ワールドカップベスト8進出という夢を見た。
    日本サッカー史に間違いなく残るであろう劇的な一戦は、

    まさかの2点差をひっくり返される逆転負け。
    後半終了間際のアディショナルタイムでの決勝ゴールは、

    ベルギーにしてみたら劇的。逆に日本にしてみれば

    一気に奈落の底に突き落とされた1点だった。
    試合終了後のインタビューで西野監督が声を絞り出すように

    「何が足りなかったのか?」と言いましたが、その何かが世界との差。
    赤い悪魔、FIFAランキング3位で圧倒的な得点力を誇る

    ベルギーを一度は土俵際まで追い込んだ。
    今までがそうだったように、2-0になってからも

    攻めの姿勢は崩さなかった。
    先制直後にアザールのシュートがポストに嫌われ、

    その後2点目が入った。
    どう見ても風は日本に吹いていた。

    『勝てる』と気の早い僕は思ってしまった。
    フィールド上の選手がどう思ったかはわからないが。。。

    先制されて浮き足だってたベルギーが

    攻めるしかない、と試合により集中した。
    SLAM DUNKで湘北高校が豊玉高校相手に

    残り2分で10点差をつけて、桜木花道や

    宮城リョータや三井寿は『勝った』と思っていた。
    こういう時に奇跡は起こるもんですという

    安西監督の言葉通りに豊玉高校は猛追を開始。

    結果は逃げ切ったが、何となくあの時の豊玉高校とベルギーが被った。
    アンラッキーな1失点から、試合は一気にベルギーペース。
    前半からシュート数で圧倒しながらも、

    ゴールが遠いベルギーの何かが吹っ切れた。
    韓国がドイツに勝ったミラクルな試合とも似ていたが、

    ドイツはどうやっても点が取れなかった。
    ブラジルもコスタリカにロスタイムまで

    点を取れない試合もあった。
    強豪国はきっかけ1つでガラリと変わる。

    交代出場のフェライニが続けざまに同点ゴール。
    2点のリードはあっという間に吐き出された。
    追い付けば俄然自力に勝るベルギーが有利に立つ。
    前半に凌いで凌いで苦しかった時間がまた戻ってきた。
    先制点を決めた原口は縦横無尽に走り回って足がつった。
    ポーランド戦に出場せずに休養十分ながら、

    それでも世界一のアタッカーチーム相手だと疲労も半端ない。
    ベルギーは交代選手が点を取り作戦は的中。

    だが、西野監督のカードの切り方も今大会は当たっている。
    原口に代えて本田を投入。

    もう一枚、攻撃の要の柴崎に代えて山口蛍も投入した。
    前でのチャンスメークを本田香川に託し、

    相手に3点目をやらない布陣。
    とはいえ、コロンビア戦で負傷退場したのは

    仕方ないが柴崎をここで下げちゃうの?と嫌な予感が漂った。
    本田は香川のスルーパスから抜け出したり、

    最後に得意のフリーキックも見せた。
    GKからのカウンター攻撃についていけず、

    決勝ゴールを奪われた場面では山口に何とか止めてほしかった。
    まあ、ベルギーの攻撃が素晴らしかったといえば

    それまでだが、あそこさえ凌げば延長に持っていけた。
    これまたSLAM DUNKネタですが、

    藤真が出てきた翔陽高校が湘北高校に対して

    「湘北は決勝リーグに行くのはまだ早い」と言ったように
    「日本がベスト8に行くにはまだ早い」と言われてしまったようだった。

     

    そして冒頭の西野監督のインタビューに戻るわけだが、

    強敵をあそこまで追い詰めながらも

    金星を取れなかったのは何が足りなかったのか?
    またまたSLAM DUNKネタで申し訳ないのですが、

    山王工業に挑む前の“断固たる決意”が必要というのはあったと思う。
    試合を見ながらライン交換をしていた

    先輩の言葉を借りるならば、「試合巧者」でなかったということ。
    色んなシチュエーションを考えて、

    同点の時はこうして負けてる時はこうして、とかある中で

    さすがに2点リードというシナリオは想定外だったと思う。

    もちろん果敢に3点目を奪いにはいったものの、変に浮き足立ってしまった。
    ワールドカップの決勝トーナメントを勝ち抜くという経験値もまだ足りない。
    世界から見たら日本はサッカー後進国。

    親善試合でなく、本気で強敵国と対戦する機会を増やすことと、
    監督をポンポン変えるのでなく西野ジャパンで

    4年後も見据えてチーム作りをすること。
    以前にも書いたがワールドカップ直前で監督交代をして、

    勝ち上がったチームは過去にはなかった。
    そんな悪い歴史を塗り替えたことだけでも賛辞は送るべきだ。
    西野ジャパンが続くなら、柴崎が中心になるだろう。
    世代交代も必要だ。うまく融合させて、

    今後加わる選手によっては戦術の変更も必要。
    現場にある断固たる決意を日本サッカー協会も持って、

    4年後に向けたチームを作ることができるか?
    それが一番必要なことではないか?

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM