<< 先週のブライダル | main | 8/4のブライダル >>
2018.08.05 Sunday

第100回夏の高校野球 開幕

0

    夏の高校野球は今年100回記念大会。

    小学校低学年の頃はそれほど興味がなかった。

    最初に見始めたのは池田高校の夏春連覇くらいかな?

    PL学園に7−0で負けたことにとてもショックを

    受けたことを鮮明に覚えている。

    池田を倒したにっくきPL学園はそれ以来敵となり

    KKコンビが勝ち進む度に悔しい思いをしていた。

    それでも憎らしいほど強かったPL学園。

    あの強さだから今も伝説になっているわけですが。

     

    さて、そんな100回の節目らしく甲子園を沸かせた

    レジェンド達が始球式を行います。

    初日は5連続敬遠で伝説を作った松井秀喜さん。

    「この年になって甲子園の魔物に憑りつかれた」と

    ワンバウンドの始球式。そういや、長嶋さんに

    投げた時もコントロールしきれてなかったな()

    その松井さんの母校の星稜高校が開幕試合に勝利。

    嬉しそうに勝利の校歌を歌う松井さんが印象的だった。

    続く2試合目は愛媛代表の済美高校が登場。

    相手は千葉の中央学院。激戦の千葉予選を勝ちあがった

    チームだけに強いチームだ。

    済美とて愛媛の激戦を勝ち抜いた。ベスト8からの

    試合は川之江、今西、そして決勝は新田と

    名だたるチームをなぎ倒して掴んだ愛媛代表の切符。

    相手からしたら嫌なチームだったかもしれない。

    初回から幸先よく先制点を奪うもすぐに逆転される。

    3回に同点に追いついたその裏の中央学院の攻撃。

    無死一二塁とピンチを迎えるが併殺で切り抜けた。

    得点を取ったその次の守りで失点すると

    どうしてもリズムは悪くなる。それだけに

    ここを0点に抑えたのがまずは大きなポイント。

    4回にホームスチールを含む3得点で一気に突き放す。

    ただ、その裏に1点を返されたのが気になった。

    2点差としんどい点差ではあったが5〜7回を

    3人ずつで打ち取って流れは渡さない。

    済美側もチャンスを作るが追加点は奪えない。

    後で言うと、結果を見たから言えるのだと

    言われてしまいそうだが、勝負は8回だと思っていた。

    中央学院は9番からの攻撃。一見、9回が

    山場と見るかもしれないが、この攻撃で

    先頭打者が出るとそこから1番打者に回り

    繋がれるとチャンスでクリーンアップに、という

    ことになってしまう。

    是が非でも打ち取りたかった先頭打者に出塁を

    許したことで、僕は大ピンチの予感がした。

    案の定、1番打者に繋がれて無死一三塁の大ピンチ。

    押せ押せの中央学院。マウンドの山口はかなり

    追い込まれてきた。2番打者への投球はワンバウンド。

    それを見た一塁走者は二塁へ。ただ、捕手の芦谷が

    冷静に二塁へ送球してアウト。

    この試合の勝利を分かつ大きなプレーが出た。

    次の塁を積極的に狙うのは大事だし、チームの

    リードオフマンの選手だけに成功すれば

    抜け目のないプレーと言われただろう。

    ただ、ここでアウトになったことで戦況が

    一気に変わる。三塁ランナーが戻ってもまだ

    1点勝っている。

    気分的に楽になった山口は内野ゴロで1点こそ

    奪われたが同点は許さなかった。

    あの二塁でのタッチアウトがこの試合の行方を

    決めてしまった。済美にとってはビッグプレー。

    逆にあれがセーフだったら、一気に逆転を

    許してしまっていたと僕は思う。

    9回は相手の4番大谷との勝負で追いこんで

    3球勝負でチェンジアップを最高のところに

    落として空振りを奪った。

    大けがで千葉予選の途中からチームに合流も

    なかなか調子の上がらなかった大谷。

    そんなエースで4番を皆でカバーしてきた

    中央学院はまとまりのあるいいチームだった。

    8回は危ないと思ったが、9回はかなり安心して

    見ることができた済美はやはり強いチームだった。

    次は星陵との2回戦。

    優勝候補にも名前が挙がる強打のチーム。

    ノーガードの打ち合いで7点くらいは

    両チーム取りそうな感じがする。

    大味の試合展開になると、イージーミスも

    出易くなる。最後まで集中したチームが

    3回戦に勝ち上がるだろう。

    まぁ、開幕戦で星稜と当たらなかっただけでも

    よしと思っておきましょうか?

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM