<< 両親の金婚式 | main | あかがねプロ野球ニュース 第41球 >>
2018.10.31 Wednesday

ハロウィン狂想曲

0

    日本ではまだ馴染みの薄いハロウィン。

    花の歳時記でも話しましたが、

    ハロウィンは古代ケルト民族の秋の

    収穫を祝う日だった。仮装もこの日に

    悪魔も蘇ってくるので仲間だと思わせる

    ためにするということなので、マリオとかに

    仮装するのは根源から考えるとおかしい

    ことになりますよね。

     

    まぁ、年中行事の一つとしてハロウィンも

    日本文化にだいぶ定着してきた感はあります。

    ハロウィン=カボチャで、カボチャを

    使った料理、商品などで経済効果は

    クリスマスほどではないですがあるのはあります。

    その一方で、渋谷での若者のバカ騒ぎが

    クローズアップされております。

    年々被害もひどくなり、逮捕者が10名以上。

    酒に酔って集団心理の中で気が大きくなるのか

    警察官に暴行を働いて逮捕されるのは愚の骨頂。

    ラーメン店の自販機に液体を流し込んで

    被害総額180万円を払う羽目になった人もいるとか。

    実際、松山の大街道などでも仮装をした人が

    多く出歩いていたとは言いますが、渋谷のように

    暴徒化することはなく、そういうハロウィンなら

    全然ありなんですけどね。

     

    あと、どさくさに紛れて痴漢行為や盗撮を

    するなんていうのは言語道断なのですが、

    女性が下着同然のような恰好をして被害に

    あうとその女性も悪いみたいな言い方を

    する人もいる。すごく難しい問題なのだが

    東京にいる時に経験したことで、駅の

    エスカレーターに乗った時に前にすごい

    短いスカートを履いた女性が立っていて

    やたらと後ろを気にしながらスカートを

    手で押さえていた。別に僕もそれを見る

    わけではないのに、後ろに人が立って

    それでそんなに気にするなら最初から

    履かなきゃいいのに、という思いはありました。

    なので、エスカレーターに乗ってる時の

    スマホ操作や電車に乗ってる時に両手を

    吊革に上げるというのは基本動作になってます。

    満員電車に遭遇することのない田舎では

    考えられませんが、今でもたまに東京に

    行く時にはすごくそこには気を遣います。

    どんな服を着てどこに行くのもその人の

    自由ではありますが、何かあった時に

    その人に責任があるというのも事実。

    だからといって痴漢という罪は絶対に

    許すことはできません。奥ゆかしさのある

    昔ながらの日本女性の考えを今一度

    思いだしてもらいたい気持ちもあります。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM