<< あかがねプロ野球ニュース 第45球 | main | ひめさぶろうの花の歳時記 >>
2018.11.30 Friday

これでいいのか?

0

    今年のFAの目玉だった丸選手が巨人に

    移籍を表明した。条件から考えれば

    落ち着くところに落ち着いたのだろうが

    広島も最大限の誠意は見せた。

    ロッテも金額+監督手形まで用意した。

    それでも巨人を選んだ理由はそれを

    上回る条件を提示したということだ。

    5年30億、単年で6億円。

    松井秀喜さんの6億1千万は越えていないと

    表向きは見せてはいるが、それ以上の

    金額が用意されていると専らの噂。

     

    そもそも論でFAは選手の権利。

    長くやって手に入れた権利を行使するのは

    その選手の自由ではある。広島が

    リーグ3連覇を果たすも日本一という

    称号を手に入れていないだけに

    日本一になるまではチームを去らないかも?と

    いう見方も当然あった。

    しかしながら、選手としてもいい時期に

    自分を売りこまないといけない。

    一番高く自分を売れる時にその決断を

    するというのはごく自然なのかもしれない。

    「どの球団と契約しますか?」とFA宣言を

    した時に聞かれたあの方は笑顔で

    「一番お金を出してくれるチームです」と

    答えたが、丸選手が同じ答えをするはずもない。

    決して長くない野球選手の寿命。

    その中でできるだけたくさんのお金をもらいたいと

    思うのは普通のことだ。

    杉内や村田が引退後にコーチになったように

    丸選手も引退後はそのポストを与えるという

    内容は恐らく条件の中に入っているだろう。

     

    広島は阪神のファームと揶揄されるくらい

    活躍した選手が一時期はよく阪神に移籍した。

    しかしながら、FAでいえば巨人は川口、江藤、

    大竹、そして丸と4人目の広島からの選手を

    獲得することになる。

    阪神は金本、新井の2選手だけ。

    ここ数年はFA選手が小粒だったが

    今年は丸選手を筆頭に楽天に移籍を

    決めた浅村選手、サンスポの飛ばし記事で

    阪神に移籍を決めたと言われたのを

    ブログで全否定した西投手などビッグネームが

    多かった。(阪神入りを暗に否定した西投手は

    ソフトバンクか?阪神は恐らく怒りの撤退)

    巨人はとりあえず手を挙げた選手を

    取っておけば由伸監督への補強になるだろうと

    片っ端から獲得するも、どの選手も期待通りの

    活躍をしているかと言われれば答えはNOだ。

    それこそ、日本ハムから獲得した小笠原さん以来の

    ビッグネームの獲得は果たしてどういう結果になるのか?

    小笠原さんに関しては他リーグからの移籍と

    いうこともあり、まぁ有りかな?とは思った。

    今回は同じリーグの移籍ということでかなりの

    物議は醸しそうだ。個人的には前日のラジオで

    話したようにロッテに行くのがベターだったと思う。

    コラで作ったロッテの丸選手のユニフォームの

    フィット感半端ないって。

     

     

    原監督の再登板で、選手補強は

    原さんが主導で行っている。

    相性がいいと村田マギーを切って

    中島選手を獲得したのも原監督。

    捕手を自前で育てよう、阿部選手も

    捕手に復帰させるにも関わらず

    FAで炭谷捕手を獲ったのも原監督。

    監督としての実績は申し分はないが

    長嶋さん以上に選手を欲しがる監督が

    GMも兼ねるかのようになってしまうと

    誰も原さんを止めることはできない。

    まだ来シーズンの青写真もできていない

    中で判断するのは早すぎるが、結果として

    二人ともいらなかったのでは?と言われる

    ような気がしてならないのは僕だけか?

    太刀打ちできない広島の屋台骨を支える

    丸選手の獲得は相手チームの戦力を

    大きくそぐだけでなく、左の長距離砲で

    クリーンアップを打てる部分では最高の

    補強ではあるが、あまりにも節操がないと

    言われても仕方がない。

    まぁ過去にもラミレス、グライシンガー、

    クルーンと他球団で実績を残した外国人選手を

    根こそぎ獲得して強いチームを作っただけに

    歴史が繰り返されているわけだが、

    どうしても欲しい選手に払う年俸が生え抜きの

    選手とあまりにも格差があることは問題。

    2年連続沢村賞という偉業を成し遂げた

    チームの顔の菅野投手にはじゃあいくら

    払うのか?野手の顔の坂本選手が

    6億円もらえるかといえばそうではない。

    契約とはいえ、今年さっぱりの陽選手は

    来年も3億円もらうのだ。(ちなみに

    今年の坂本選手は3億5千万)

    実績がなかったとはいえ今年大ブレークの

    岡本選手は今の年俸1,200万。

    今オフで上がるだろうがそれでも3億を

    提示されることはないだろう。

    FA選手には三顧の礼をもって迎える巨人、

    誠意(お金)は十分に見せる。ただそれは

    生え抜き選手のやる気も同時に

    失わせる要因の一つかもしれない。

    チームが勝てない、思うように若い

    力も出てこない、そうなると出来上がった

    選手を入れてチームを強くする。

    それが巨人のやり方。今までもそんな

    チームを応援してきただけに、急に

    チームのファンをやめることはないが

    今年の補強の仕方にはこれでいいのか?と

    軽く疑問符もつけたくなる。

    原さんが初めて監督になった時には

    逆指名でいい選手がたくさん入ってきて

    自前でいい選手がたくさんいた。

    2度目の登板の最初の年にあまりにも

    ケガ人が多く最大貯金14から借金14に

    なったその差28というのは自身でも

    黒歴史に感じており、その年に感じた

    選手がいないということを無くすために

    選手をあちこちから引っ張るのが始まった。

    簡単にチームを強くできる代わりに

    出来上がった選手たちが下り坂に

    なるとそれを補う選手がいなくなる。

    それでまた補強をするというのは

    結局自転車操業と同じこと。

    じっくり1年かけて岡本選手のように

    生え抜きを育てることもしてほしいが

    特に今回の登板で5年連続V逸は

    絶対に許されない背水の陣の原監督だけに

    その後のことは考えない、絶対に

    2019年に優勝できるチームを作るならば

    若手の積極起用はやっぱり無いのかもしれない。

    秋のキャンプではヤングGに熱視線を送る

    姿はしばしば見られたが、来年の春には

    どうなるかはまだわからない。

    優勝したら優勝したで強さの維持が

    求められる。今年流行った「カメラを止めるな」では

    ないがやっぱり自転車のペダルを

    止めることはできないのだ。

    ちょっと卑屈な意見ばかり書いてきたが

    それでもやっぱり巨人が勝てば嬉しいし

    丸選手が打ったら「さすが、丸!」と

    喜々とするする自分が目に見える。

    これでいいのか?

    これでいいのだ。。。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM