<< 夢叶う前には・・・ | main | あかがねプロ野球ニュース 第51球 >>
2019.01.16 Wednesday

さらば、稀勢の里

0

    平成最後の日本人横綱・稀勢の里関が引退。

    延命延命で8場所連続休場という不名誉な

    記録に加えて横綱として8連敗、もう少し

    早くやめさせてあげればワースト記録を

    作ることもなかったのになぁ、と考えると

    最初の優勝で横綱にしてしまった横審にも

    問題はありますね。

    大関なら成績が伴わなければカド番を経て

    番付が落ちることで現役を続けることはできます。

    ただ、横綱はダメなら引退という選択肢しか

    ありませんからね。

    魁皇関と並ぶ最強大関ぶりではありましたが

    白鵬という高い高い壁を超えることができず

    優勝次点が実に9回。優勝争いに最後まで

    残ると白鵬、日馬富士といったモンゴル人の

    横綱に行く手を阻まれ続けた。

    白鵬不在の場所もあったものの、その時には

    序盤から黒星を重ねて優勝争いから早々に

    離脱という結果だった。

    強烈な左のおっつけを武器にがっちり組めば

    右の強烈な上手投げ。どうしてこれだけの

    力を持った力士が優勝できないのか相撲界の

    七不思議の一つと言ってもいいくらいのものだった。

    白鵬との対戦もいわゆる因縁の対決で

    以前にも書いたが対戦成績は大きく水を開けられては

    いるものの、白鵬相手に10勝以上している数少ない

    力士の一人である。そして、2度の連勝記録を

    止めたのも稀勢の里。白鵬にしてみれば

    しのぎを削った相手であると同時に、悔しい

    黒星を2つもつけられた相手。

    大相撲オールスターズの歌う「ひよの山かぞえ歌」の

    撮影の時に一人だけ愛想が全く無かったことを

    チクリと刺したこともあり、二人の間には

    目に見えない火花はバチバチに散っていたことだろう。

    稀勢の里関といえば愛想がない、喋らないという

    イメージが非常に強いが、なぜならそこは

    相撲道に対してものすごくストイックだからこそ。

    初優勝の際にもチャラチャラしているからと

    優勝パレードをしなかった。

    別にチャラチャラしているとは思わないが、それを

    そう思うところも稀勢の里らしいといえばらしい。

    取材に行った人も、数回顔を合わせることで

    少しずつ口数が増え、心を許せば芸人さんの

    決めセリフを言ったりもするそうだ。

    元・広島カープの前田智徳さんが現役時代に

    滅茶苦茶ストイックでカメラの前でほとんど

    喋らなかったが、引退後の報道ステーションでは

    柔和な表情で饒舌なところを見せている。

    稀勢の里関も今後、親方を襲名してテレビの

    解説に出てくることもあるだろう。

    アメフトが大好きで、プロの解説者ばりに

    解説したこともあるように現役時代からは

    想像できないような饒舌ぶりを見せてくれる

    かもしれない。

    まぁとにかく今は「お疲れさまでした」

    今後はケガのことなど色々と考えることも

    せずに穏やかな日々を過ごしてもらいたいものです。

    横綱昇進の時にもらったラオウまわし。

     

     

    そのラオウの言葉を引用して「一片の悔いも

    ありません」と語った言葉に嘘はないだろうが

    その後に流した涙に僕も思わず涙した。。。

     

     

    さらば、最強大関・稀勢の里

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM