<< 松のやのトンカツ定食 | main | ひめさぶろうの花の歳時記 4/12 >>
2019.04.11 Thursday

あかがねプロ野球ニュース 第63球

0

    今日のあかがねプロ野球ニュースの

    話題は何と言ってもこちら。

     

     

    骨折をしながら出場している阪神の

    梅野捕手のサイクルヒットの話題。

    実はこのサイクルヒットは様々な要因があり

    まずは最初の打席ですが、最初はライトを

    守っていたソト選手のエラーと出ましたが

    その後に公式記録が変わって三塁打に。

    2打席目でヒット、4打席目にホームラン。

    5打席目に二塁打が出ればサイクルヒット。

    そこで見事に右中間を破る当たりを放つ。

    二塁で止まればサイクルヒットなのに

    梅野選手は三塁へ。「あ〜、三塁打になったら

    サイクルヒットがなくなる」とファンが思った

    その瞬間に走者のナバーロ選手がホームで

    タッチアウト。梅野選手の公式記録は二塁打となり

    無事にサイクルヒットを達成することができました。

    本人は気付いてなかったとは言ってましたが

    走者が本塁でアウトになったのに喜びながら

    戻ってきたましたので、恐らく本当は知っていた???

    ヒーローインタビューで「ナバーロに感謝です」と

    笑いを取っていたが、紛れもない事実だろう。

    あれが三塁打だったら歴史に名は刻めていなかった。

    この最後の打席のいきさつだけでも記事にはなるが

    もっと多くの要因がこのサイクルヒットには絡んでいた。

     

    じつは8回の阪神の攻撃は梅野選手に本当は打席が

    回らないはずだった。二死満塁から福留選手は

    ライトにフライを打ち上げて、ソト選手が掴んで

    チェンジのはずだった。しかしソト選手がまさかの

    落球で福留選手が塁に残りその後打線が繋がって

    梅野選手に5打席目が回ってきたというわけだ。

    試合展開から言って9回にも打席が回ってきて

    いたとは言いながらも、あの流れだから打てた一打。

    しかも、ソト選手は9回の先頭打者ということで

    ラミレス監督は守備固めをできなかった。

    しかも8回の攻撃は走者が出て普通に攻撃をすれば

    ソト選手に打順が回ってきていたが、盗塁死で

    結局打順は回ってこなかった。もしもその盗塁死が

    なく、8回にソト選手が打席に立っていれば

    8回の裏には交代をしていて、あの落球もなかった。

    まさに様々なことがあって生まれたサイクルヒット。

    野球のちょっとしたことから流れが変わるというのを

    まざまざと見せつけれられた思いだ。

    だけど、こういうことがあるから野球はやっぱり面白い。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM