<< 今週のお言葉 | main | ひめさぶろうの花の歳時記 7/19 >>
2019.07.18 Thursday

あかがねプロ野球ニュース 第76球

0

    今日のあかがねプロ野球ニュースは

    高校野球に注目。

     

    20190719_2843032.jpg

     

    昨日の新居浜西高校と松山商業の1回戦。

    試合を実況した岡部くんに無理を言って

    ゲスト出演していただきました。

    実は岡部君も新居浜西高校卒業生。

    清文君は松山商業卒業生で

    勝った西高から2人の卒業生。

    昨日の試合をほとんど見ていなかった

    清文くんはほとんど話さずに僕と岡部君で

    試合を振り返りました。

    先制したのは松山商業。四球を連発して

    自らの牽制悪送球で得点を許した秋月投手。

    更に二死満塁のピンチをセンターの

    ファインプレーで救った。解説の

    僕たちの代に西高野球部の監督をしていた

    坂上監督も思わず「ビッグプレー」と

    声が出る本当に大きなプレーでした。

    漫画ならここで反撃といくのでしょうが

    松山商業の1年生エースの松崎君が好投。

    5回まで得点を許さない。

    ようやく6回に松崎君を捕えた西高打線。

    二死一二塁から玉井君の三塁打で逆転。

    加地君もタイムリーを放って大きな3点目を取った。

    6回も秋月君がマウンドに行こうとするも

    足をつってしまい急遽2番手の宇野君が登板。

    スクランブル登板にも関わらず、二者連続三振を奪う。

    その後ピンチを迎えるも後続を抑えた。

    得点を取られた後にすぐに取られると流れが

    相手に流れてしまう中で相手に流れを渡さなかった。

    実は僕は新居浜のラジオを聞いていたのですが

    6回裏のピンチを迎えたところで中継が終了。

    昔、ナイター中継の延長のない一部地域だった

    我が家のあの「その後、どうなってるんだ!」と

    ムズムズするあの気持ちになりました。

    愛媛朝日テレビの高校野球速報を見て

    松山商業の6回裏の0点を確認して安堵。

    7回に代わった松山商業の投手を攻めて

    相手のエラーも重なって4点を奪い大勢を決めた。

    6回に点を与えずに7回にも6回に続いて

    ビッグイニングを作る、これは大きかった。

    野球は9回のゲームセットの声を聞くまで

    わからないが、強打線を誇るが守備に不安の

    あった相手の弱みにつけこんだこの7回の

    攻撃は大きなダメージを与えた。

    8回に1点を取られたが7−2と思わぬ大差で

    新居浜西高校が初戦を突破した。

    一部では松山商業は組み合わせに恵まれたと

    いう声もあったが、大物食いの新居浜西高校が

    番狂わせを演じた。というよりも、春の大会でも

    聖カタリナ学園をあと一歩まで追い詰めた

    実績もあるし、そこまで弱いチームではなかった。

     

    2回戦は同じ新居浜の新居浜南高校と対戦。

    西高の鈴木監督と南高の主将の鈴木選手が実は

    親子関係という微妙な感じではありますが

    直近の練習試合は8−0で西高が勝ってます。

    とはいえ、それはあくまでも練習試合。

    一発勝負のトーナメントは何が起こるか

    わかりませんから、気を引き締めて2回戦に

    臨んでもらいましょう。

    今年は新居浜勢は東高が惜しくも1点差で

    敗れましたが、あとの5校は初戦を突破。

    新居浜旋風巻き起こせるか

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM