花火大会 上から見るか横から見るかスタジオで見るか

  • 2019.07.26 Friday
  • 23:18

今日は新居浜の花火大会でした。

例年、この日に夜のお店の配達が

入ることが多く、最初からゆっくりと

見れるということが少なかったのですが

今年は入っておらず、早くから花火を

見ることができるかな?と思ってましたが

この日はFM新居浜でも特別番組を

放送しておりましたので、ちょっとだけ

顔を出すつもりで20時前にスタジオへ。

 

20190727_2847178.jpg

 

中学3年生にしてラジオにこなれている

そら君とMNBこと真鍋大地君が前半を

担当して番組を進めておりました。

さすが中学生、トークが軽快で

じゃあtwitterを募集しましょうよ、とか

ディレクター席の真鍋君に次々と指示を

出していた。

こんな雰囲気の中に僕が入ったらえらく

雰囲気が変わりすぎないかな?と

少し心配もしましたが、20時には

そら君が花火を見に行くということでしたので

交代する形で僕がゲスト席へ。

 

ミスチルの「花火」をかけたタイミングで

そら君が退室。さあ、これから二人で

やっていこうか、という矢先にいきなり

真鍋君が「うわぁ」と叫ぶ。

何かと思ってスタジオ前を見ると

犬神家の一族のスケキヨのマスクを

被った人が立って居ました。

 

20190727_2847176.jpg

 

実はこれ、リスナーの方なのですが

素顔を出したくないということで

このマスクを着用されて来てくれました。

ディレクターの真鍋くんもそりゃあ

いきなり自分の背後にスケキヨが来たら

変な声出してびっくりしますよね(大汗)

 

このスケキヨマスクを見て怖い映画の

話でも、と思い花火大会の真裏の番組で

いきなり映画談議が始まった。

大喜利で「こんな花火大会は嫌だ」という

テーマでもらっていたメールを読んだり

真鍋君の過去の恋愛話を聞いたりしてると

あっという間に30分が経過。

20時半からは日曜日のNEW WAVEの

石川ディレクターが電話で出演。

既にビールを5本飲んでいた石川さんは

少し上機嫌で絶好調のトークを展開。

来年は石川さんと僕の二人で花火を

全く無視して、野球だけの2時間番組を

しましょうねという約束も。

あ、大喜利でもらっていたネタで

面白かったのが

「八代亜紀が『雨の慕情』をバックで

歌う花火大会」

これは想像したら大爆笑。

今、天気の子がブームになってますが

逆・天気の子の雨を呼ぶ女みたいな

感じになりそうではないですか?(笑)

 

早めに切り上げようかな?とも思いましたが

結局、21時まで居ました。

初めて真鍋くんと二人で野球の話を一切

しないで1時間。意外と野球がなくても

話ができるものなんだな、と。

結局、花火はスタジオへの行き帰りに

少しだけ見ただけでしたが、花火を

上から見るでもなく、横から見るでもなく、

スタジオのテレビ画面から見たというのも

また趣きがあったかな?

放送中、花火の上がる音がプツプツと

ノイズのようにラジオから聞こえていたのも

何かシュールだったなぁ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM