あかがねプロ野球ニュース 第80球

  • 2019.08.17 Saturday
  • 18:56

15日も書いた通りに、警報が出ていたので

市民パーソナリティーは自宅待機。

初めてラジオで生電話出演となりました。

まるで二宮清純さんのようだ(笑)

ただ、二宮さんでもこんなに長い時間

電話で出演はしないですよね。

 

さて、今週の話はやはり巨人が中心に。

まずは天下分け目の3連戦になると

踏んだ12日〜14日の広島との3連戦。

3連敗しなければOKの巨人はそういえば

1ヶ月前もそんなことを言っていたような。。。

あの3連戦で1引き分け以上で広島の

自力優勝が消滅だったのが息の根を止める

ことができず、逆にそこから勢いをつける

こととなりました。

まぁとにかく巨人戦を境に広島が強くなると

いうのが定説でした。それだけに、自らまいた

種を自ら刈り取るではないですが、この

3連戦は最低でも勝ち越さなければ一気に

まくられる危険性も孕んだ3連戦。

初戦は6−1と最大5点をリードするも

故障から復帰の山口が早々にKOされ

以降の投手も打ち込まれ6−5。

その後もピンチの連続だったか広島に

あと1本が出なかった。8−5と

再び突き放したものの8回に1点、

9回にも1点を取られて一打同点の

ピンチを何とか凌いで8−7と薄氷を踏む勝利。

広島の拙攻に助けられた部分はありましたが

形はどうあれ、今までこんな展開で何度となく

逆転負けを喫していたのがそれを許さず

逃げきったのは本当に大きな1勝。

これで3連敗はない。未だに広島に特に

マツダスタジアムでの苦手意識が取れない

中で、まだまだやれると思っていた広島に

冷や水を浴びせた。昨年のオフに自由契約に

なってもおかしくなかった大竹投手が

二死満塁のピンチで登板し見事な火消し。

次のイニングも3人で抑えて通算100勝めの

白星をマークした。この3連戦3連投をしたが

いずれも好投でここにきて不安定な中継ぎの

中に一本大きな柱を通した。

特に一番の安定感があった中川がコンディション

不良でベンチ入りを外れただけに、大竹の

存在は非常に大きなものだった。

2戦目は攻撃に決め手を欠き、延長11回に

サヨナラ負けを喫するも、3戦目に

エース菅野が今季広島相手に初勝利。

これまでなかなか調子が上がらなかったが

ここ一番の試合で勝てたことはチームに

とっても本人にとっても嬉しいこと。

ホームラン頼みの打線がホームラン無しで

7点も取って繋がりを見せたのも今後に

向けて明るい兆しになった。

力の勝負を2勝1敗で勝ち越して広島には

4.5ゲーム差に。DeNAはヤクルトにまさかの

3連敗で4ゲーム差に広げた。

思えば8月9日のヤクルト戦で7点差を

ひっくり返したところからいい流れが

できていた。

あの試合、岡本の2発に坂本の30号と

一発が光ったが、巨人・石川の暴走で

帰塁できないタイミングが、一塁手村上が

ポケットキャッチをしてセーフになった。

あれがアウトだったらこの逆転劇はなかった

だけに、ヤクルトにしてみたら痛恨のプレー。

センターが後逸して点が入ったりと

守りに乱れが出たこともあるが、まさか

この点差をひっくり返されるとは。。。

気を緩めず丁寧に1プレーを続けていくと

いうことの大切さを改めて教えられた。

 

さて、パリーグは日本ハムがソフトバンクに

痛恨の3連敗。前後の連敗も合わせると

9連敗とズルズル後退。先週、日本ハムが

首位追撃の急先鋒という見方と共に

最終コーナーに入った時に一番最初に

後退する可能性もあると言ってましたが

なってほしくない方になってしまい

今年の優勝の予想も風前の灯。

優勝⇒最下位⇒Aクラス⇒優勝という

サイクルをしてきた栗山監督だが

今年V逸となると、進退問題に

発展する可能性も???

 

電話でお聞き苦しいとこもありましたが

かなり濃い話ができました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM