<< 出会い | main | ひめさぶろうの花の歳時記 8/23 >>
2019.08.23 Friday

あかがねプロ野球ニュース 第81球

0

    昨日のあかがねプロ野球ニュースの放送直前に

    第101回大会の優勝チームが決まりました。

     

     

    昨年の大阪桐蔭に続いて大阪の履正社が

    夏の頂点に立ちました。

    大阪の高校が連覇と、本当に強さを見せつけた。

    決勝は石川県と言おうか北陸勢初の優勝を

    目指した星陵高校との対戦。

    奥川投手という超・高校級の投手を擁し

    順調に勝ちあがってきたものの、さすがに

    決勝戦は智辯和歌山との試合で見せた

    力強いストレートはほぼ見えず。

    切れ味の鋭いスライダーも低めをじっくりと

    見極められて、春の選抜で17奪三振と

    面白いように空を切らせたのが

    奥川くん曰く「別のチームになっていた」

    実は6月にも対戦して星稜が勝っていた

    だけに、慢心はなかっただろうが

    逆にリベンジに燃える履正社には

    格好の舞台での対戦となった。

    4番の井上君は5打数1安打ながら

    その1本が高めに浮いたスライダーを

    逃さずに逆転の3ラン。

    7回に追いつかれるもすかさず突き放す。

    8回の奥川君は完全にバテていたが

    それでも今大会ナンバーワン投手を

    相手に素晴らしい集中打。

    全試合を通じて強打を見せつけた。

    投手陣は打ち込まれる場面もあったが

    それを上回る打線はさながら2001年に

    優勝した近鉄バファローズのいてまえ打線に

    似ているものがあった。

    関東一高戦はこの夏初めて先制点を

    奪われたが慌てることなく逆転。

    追いかける展開がほとんどなかった

    チームだけに先制点を取れば面白いと

    思いましたが、そのあたりでもほんと

    落ち着いた試合運びができる大人なチーム。

    初優勝というのが意外なくらいでした。

     

    しかしながら、優勝した履正社からは

    U18の高校代表メンバーに誰一人

    選ばれないのは何なんでしょうね?

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM