歴史的勝利!

  • 2019.10.14 Monday
  • 12:57

空前の盛り上がりを見せるラグビーW杯。

正直、前大会の南アフリカ戦の勝利まで

ほぼ興味はなかった。

正月に大学ラグビーをやってるのを

ボーっと見ることはあったが、高校ラグビーも

スコアと勝敗くらいしか見ないレベル。

それが、今大会は自国開催ということもあり

関心度も非常に高く事前にラグビーの

ルールを少し勉強した。

とはいえ、わかりにくいルールが多く

図解されている反則が実際に起こっても

サッカーほど明らかなものも少なく

実際に中継を見ていても(?_?)と

なることもしばしば。

それでも屈強な男たちがスクラムを組み

押し合ってこぼれたボールに飛びつく。

そして一気に駆け上がりトライを決める。

得点の部分さえわかっていれば

細かいルールは画面の右下に出してくれる。

まだまだにわかファンの域を出れないが

ラグビーの面白さに魅了されている。

 

開幕戦を順調に勝ち、世界ランク2位(試合前)の

アイルランドに大金星を挙げ、サモアには

劇的なトライでボーナスポイントも獲得。

リーグ戦3勝したものの、ベスト8は

まだ確定しておらず最終戦のスコットランドの

試合に全てが委ねられた。台風で中止なら

引き分け扱いで勝ち点2ずつ入り日本が

ベスト8に進出。戦わずして大会を去るなど

できないスコットランドは代替開催も含めて

大会側に強硬に詰め寄った。

実際、日本との過去の戦績は10勝1敗。

負けるなどとは微塵も思ってなかっただろうから

そう考えるのは当然といえば当然。

前日に大きな爪痕を残す台風が通過し

国内のあちこちに甚大な被害が出た。

それでも何とか試合は開催にこぎつけた。

 

世界ランキングは試合前では日本が8位で

スコットランドは9位。とはいえ、日本が

4トライを奪うとか負けても7点差とか

試合前にそんなビジョンは見えなかった。

アイルランド戦のようにペナルティーゴールで

得点を積み重ねてトライは1つか2つも

できればいい方だと個人的には思った。

この世紀の一戦を自宅で見ても楽しいが

せっかくならパブリックビューイングで

見たいと思い、松山の南海放送で

行われるのを聞きつけて参戦。

今治のラジオリスナーの方と

松山の花屋の友達と3人で観戦。

 

20191014_2887567.jpg

20191014_2887569.jpg

 

300人定員のところで45分前に

到着したものの既に半分近くの席が

埋まっていた。

試合開始早々にスコットランドに

トライを奪われゴールも決まり0−7。

厳しくなりそうな試合のスタート。

田村が思い切って狙ったペナルティーゴールも

外れて重苦しい雰囲気となるが

その空気を振り払ったのが松島。

福岡の絶妙なオフロードパスから

スピードスターは一気にトライを決めた。

もう会場は既に狂喜乱舞。

 

20191014_2887519.jpg

 

更には笑わない男・稲垣の代表初トライで

勝ち越すと、福岡の3試合連続トライで

差が一気に広がる。21−7で前半が終了。

後半開始早々に福岡が今日2つ目の

トライを決めてボーナスポイント獲得。

 

20191014_2887517.jpg

 

正直、これでいけそうな感じはあった。

だが、スコットランドがここから底力を見せる。

後半9分、15分と立て続けにトライ。

ゴールも決まってあっという間の7点差。

日本も攻め込むが相手7番・リッチーが

土壇場で日本の攻撃を食い止める。

同点でもベスト8だがこの攻撃が続けば

あと何トライ奪われるのか不安しかなかった。

ミスも出て後半残り24分間はほとんど

日本の陣地でのプレーが続いた。

控えの選手も全員使い切る総力戦。

それでもあの速くて強いスコットランド相手に

引かずに粘り強く耐え続けた。

松島の反則で5メートルラインからの

スコットランドのスクラム。同点はやむなしの

状況だったが、それでも日本は耐えた。

そしてボールを奪い取りノーサイドの

ドラが鳴ってボールを蹴り出した。

もはや奇跡などではない。日本が

ベスト8にふさわしい力を持っていることを

世界に向けて証明した。

会場の興奮もピークで泣いて喜ぶ人も。

 

20191014_2887515.jpg

20191014_2887513.jpg

 

僕もそんなに声を出していたつもりは

ないんだけど、気が付けば喉が痛くなっていた。

知らず知らずのうちにたくさん叫んで

いたんだろうなぁ。

最後は全員でビクトリーロードの大合唱。

この歌でチームが一つとなったが

この会場も一つとなった。

イベントも終わり、MCを務めた

竹内アナウンサーと記念撮影。

 

20191014_2887511.jpg

 

一緒に行った方も「来てよかった」と

何度も言ってくれた。

心地よく新居浜へ戻りスポーツニュースを

見たが、何度見てもいい勝負だった。

最後は結果を知っているにも関わらず

またしても息が止まりそうになる。

次はラグビーブームのきっかけを

作った南アフリカ戦。

世界を驚かせたあの歴史的勝利から

続く道はその先にまたこの国を

対戦相手に選んだ。この道の先に

更なるビクトリーロードがあると信じて

来週も精一杯応援します!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM