<< お気に入りがまた一つ♪ | main | 惜しかった(>_<) >>
2007.02.10 Saturday

サクラサク

0
    3年前に高校受験のために家庭教師をしてた
    うちの社員さんの息子が大学に合格した。
    高校生の勉強は教えられないので、今回は
    何もしてあげられなかったのだが、昨日
    「合格しました」とメールで報告があった。

    今までいろんな子の家庭教師をしたり、塾講師で
    たくさんの教え子がいるけれど、彼ほど急激に
    成績が伸びた子は初めてだった。
    例えるならジャックと豆の木で、次の日に木が
    天まで届いていた。って感じ(ちとオーバーだけど)
    勉強を教えるということは、僕なりの解釈の仕方だが
    取り組みのきっかけを与えてあげることだと思う。
    今までできなかったことが出来るようになると楽しい。
    そのわかる喜びをどれだけ与えてあげるかが先生。
    「なんでわからないの?」って言葉はタブー。
    それは教え方が悪いのである。
    どれだけ噛み砕いて説明できるか、それも技量。

    彼が高校に受かった時に「ありがとう。先生のおかげです。」と
    言われた時にはほんと涙が出るくらい嬉しかった。
    おめでとう。春からは楽しいキャンパスライフが待ってるよ♪
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM