2019.06.12 Wednesday

今日はTOKIO

0

    今までとは違う室の名前での会議です。

     

    20190612_2824372.jpg

    2019.06.11 Tuesday

    どこよりも(多分)詳しい6月11日 西武ー巨人戦

    0

      西武ドーム(正確にはメットライフドーム)に

      10数年ぶりに足を運びました。

      西武対巨人の交流戦の観戦です。

      駅の名前はずっと変わらず西武球場前。

      品川から1時間半くらいかけての移動。

      ちょっと遠かった。。。

      さて、駅の改札を抜ければそこは球場。

       

      20190612_2824345.jpg

       

      球場の入り口は他の球場のようにゲートが

      たくさんあるわけでなく、バックスクリーン裏から

      一塁側と三塁側に別れた入場口。

      試合開始直前に行ったこともあり、入り口は

      かなり混雑しておりました。

      時間に余裕を持って行くことをおススメいたします。

      さて、試合ですが巨人の先発が今村。

      一方の西武は本来ならば登板予定の今井が

      発熱のために急遽中継ぎの佐野が先発に。

      いわゆるオープナーで、継投で試合を作る格好だ。

      巨人にしてみれば、早めに打ち崩すチャンスが

      あるというのが戦前の見方であった。

       

      20190612_2824347.jpg

       

      しかしながら、初回はわずか6球で三者凡退。

      あれあれ?といった空気が流れた。

      その裏、源田がヒットで出塁。

      2アウトになって打者は山川。長打を警戒して

      外野の守りは深め。フルカウントなので

      その山川が打つと同時に

      源田はスタート。深めに守っていたことで

      山川に二塁を陥れられないようにと打球から

      丸が一瞬目を切った。キャッチしそこねたのを

      見て三塁コーチャーが手を回す。

      1987年の日本シリーズ、二死一塁から

      センター前ヒットで一塁走者が帰るという

      あのトラウマを蘇らせるような手痛い

      エラーが絡んで西武が先取点を挙げる。

       

      20190612_2824349.jpg

       

      続くパリーグ首位打者の森がライト前ヒットで

      ピンチは続く。中村をサードゴロに仕留めたが

      初回から不安いっぱいの立ち上がり。

      早めに佐野を捕えたいがスライダーに

      岡本も陽もハーフスイングの中途半端な

      三振。大城もライトフライでまたまた三者凡退。

      2回の裏は先頭の栗山がヒット。メヒア凡退で

      9番の愛斗もヒットで一塁二塁。

      もうポコポコ打たれて「大丈夫か?」と

      思うもブルペンに動きなし。秋山のセンターへの

      大飛球で二塁ランナーどころか一塁ランナーまで

      タッチアップで二死二三塁とピンチ拡大。

      源田を何とか打ち取って無失点で凌ぐ。

      3回の巨人はビヤヌエバ、若林、小林の

      3人があっさり抑えられて29球で佐野が

      3回を投げ終える。

      あれ、よく考えたら炭谷を使った方が

      よかったんでね?

      3回裏は山川に四球を与えるも今村が何とか凌ぐ。

      4回、ここまでパーフェクトの佐野は

      当然というかまだマウンドに。

      何とかしたい巨人は一死から坂本がようやく

      四球を選んでこの試合初の出塁。

      初回にまずい守備の丸が追い込まれながら

      うまく三遊間を破り一死一塁二塁。

      ようやく反撃ムードが出たと思いきや

      岡本は初球をひっかけて最悪のショートゴロ

      併殺打。ニッポン放送で解説の野村克也さんが

      「初球から何も考えず打つのはダメ」と

      かなりおかんむりな一打でチャンスは消えた。

      5回からマウンドには二番手のマーティン。

      一死後に陽が四球を選ぶもビヤヌエバは

      サードゴロの併殺打。どうしてもチャンスが作れない。

      今村も4回5回と三者凡退に抑えて

      復調の気配を見せるも前半に投げすぎた

      球数の影響で、5回で80球を超えていた。

      6回の表、巨人は先頭の若林が四球で出塁。

      小林がきっちりバントを決めて一死二塁。

      さあここでというところで亀井、坂本。

      チャンスに強い打者ながら、マーティンの

      チェンジアップが面白いように決まり

      二者連続で空振りの三振。どうしてもホームが遠い。

      交代も視野に入れながらの今村だと思ったが

      6回に先頭の山川、続く森に連続で初球を

      打たれて無死一塁二塁。さすがにここは

      間を取るかと思われたがベンチは動かず

      野手も集まらず。僕ならここで宮本コーチを

      マウンドに行かせるところだ。

      結果、続く中村にフェンス直撃の二塁打を

      許して追加点を奪われた。この時にライトの

      陽がトリックプレーで明らかに自分の頭の

      上を超えるのに正面を向いており、打球が

      フェンスに当たると同時にキャッチに行く。

      これでセカンドランナーの山川のスタートが

      遅れてホームは意外にもクロスプレーに

      なりかけたが、山川が一足早く生還。

       

      20190612_2824351.jpg

       

      さすがにここまでかと思ったが、それでも

      ベンチは何も動かないし、野手も集まらない。

      巨人ベンチ、本当に大丈夫か?

      無死二塁三塁のピンチが続き、栗山を

      ピッチャーゴロに打ち取り走者はそのまま。

      8番は打率1割台前半で安全パイと思われたメヒア。

      そのメヒアに手痛い2点タイムリーを打たれてしまう。

      絶対、ここは点をやれない場面だっただけに

      継投するべきだった。

      全ては結果論だが巨人ベンチがなぜ

      動きを見せなかったのは大きな疑問

      ただ、このまま終われない巨人。

      7回の先頭打者の丸が頭部付近の死球。

      一瞬、球場に緊張感が走る。

      漫画だとここでチームが一丸となって

      逆転するのでちょっと期待。

      岡本が捉えたレフトへのライナーは

      この回からレフトの守備についた金子が

      見事にキャッチ。ああいった打球は

      ラインドライブがかかって捕りにくい。

      仮にレフトが栗山のままだったらヒットに

      なっていたかもしれない。

      続く大城が右中間に二塁打を放っただけに

      非常に大きなプレーとなった。

      それでも一死二塁三塁と得点のチャンス。

      1点でも入ればまだ試合はわからない。

      チャンスで併殺打の多い陽だが内野ゴロの

      併殺打はない。西武の内野も通常の位置だけに

      三振、内野フライ以外なら1点の場面。

      1−2と打者有利のカウントになるも

      絶好のボールを見逃して2−2。

      しまったー、という顔をする陽。

      はっきり言ってこの時点で勝負あり。

      亀井、坂本が三振したのと同じ球で三振。

      ビヤヌエバにはストライクを1球も投げてないのに

      三球三振。面白いようにバットが回った。

      ちなみに、この回に痛烈なファールが

      三塁ベンチ横に飛んで、7回裏の

      演出に備えていたレオ君に危うく直撃しそうに。

      当たらずにセーフのジェスチャーをする

      レオ君がちょっとだけかわいく見えた。

       

      20190612_2824355.jpg

       

      7回から巨人は2番手の澤村がマウンドに。

      これだけのビハインドなので楽には投げていた。

      球は確かに見ていても速い。

      それでも、なんで抑えられないのか?とも

      思ったら理由がわかった。

      投球のテンポがとても悪い。それまですごく

      早いタイミングで試合が進んでいたのに、

      澤村が投げ始めると妙に時間がたつのが遅い。

      見ていてこれだから守っている野手もリズムを

      作ることができないんだろうなぁ、と。

      それでも0点に抑えて8回。

      西武は必勝態勢で平井がマウンドに。

      若林、代打・重信と簡単に抑えられるも

      亀井が逆方向に二塁打、坂本が四球で

      これで4度目のチャンス。

      丸の汚名返上の一打に期待がかかるも

      ショートゴロで万事休す。

      9回は抑えの増田の前に最後は阿部が

      代打で出てきて盛り上がりを見せるも

      あえなく見逃し三振で試合終了。

      開幕戦以来の完封負け。この日の6試合で

      唯一得点を奪えなかった巨人。

      今年の中でもワースト3に入る嫌な負け方だった。

       

      20190612_2824357.jpg

       

      早々に球場を後にすると外は大粒の雨。

      駅の構内までダッシュするもかなり濡れる。

      しかも、駅の中では喧嘩したおっさんが

      倒れて失神してるし、試合以上に後味の

      悪いものまで見せられた。

      西武球場前から西所沢、西所沢から池袋、

      池袋から品川まで1時間30分。

      スマホのバッテリーが10%を切っており

      暇つぶしもできず雨が吹き付ける窓の外を

      ぼんやりと見つめて帰るだけでした。

      ホテルに戻ってやけ酒をしたのは言うまでもありません。。。

       

      20190612_2824353.jpg

       

      ちなみに、この日の観戦シートは

      オークションで入手した年間シート。

      前が通路で席を立っても戻るのは

      すごく楽でしたが、売り子やお客さんが

      結構ウロウロするのでそこだけ気になった

      それでも、投球や打球の行方など非常に

      見やすくていい席で観戦できたのは良かった。

      視線の先にはレフトスタンドの西武ファンの

      応援が否が応でも目に入る。

      みんな楽しそうにやってたなぁ。

      2019.06.09 Sunday

      本日のブライダル

      0

        ここ3週間、同じようなデザインの

        結婚式が続きます。この時期はやはり

        爽やかな白をベースにヒマワリが人気。

        今週はより爽やかにブルーが入ってます。

         

        20190612_2824374.jpg

        20190612_2824378.jpg

        20190612_2824376.jpg

         

        メインフラワー。

         

        20190612_2824380.jpg

         

        ゲストフラワー。

         

        今月はジューンブライドですから

        来週末に2件またありますよ〜(^^♪

        2019.06.08 Saturday

        ひめさぶろうの花の歳時記 6/7

        0

          今日の花の歳時記は6月のオススメ

          誕生花のご紹介から。

           

           

          オススメ誕生花はユリです。

          母の日にも人気がありましたが

          ユリのバスケットはいいですね(*^▽^*)

          白もいいですが、やはり人気はピンクユリ。

          白とピンクのミックスの花束もオシャレ。

           

          そして、路地にたくさん咲き始めてますが

          アジサイがこの時期は見頃。

          鉢物のアジサイが2ヶ月前から

          多く色々な皆さんの手元にあるかと思います。

          アジサイの最大の特徴は水が好きということ。

          お庭がある方は是非植えていただくと

          来年以降も楽しめるかと思います。

          路地に植えると水やりは最初にしっかり

          しておけば普通の鉢に比べて少なめでもいけますから。

          お庭がない方は上記の通りに水が切れないよう

          気を付けて下さい。

          お水はバケツがあればその中に沈めて

          しっかりと水が行き渡るようにしてください。

          ジョウロで水をあげる時も表面にチョロチョロではなく

          底から水が抜けるくらいたっぷりあげてくださいね。

          2019.06.07 Friday

          あかがねプロ野球ニュース 第71球

          0

            昨日のあかがねプロ野球ニュースは盛りだくさん。

            まずは、山里亮太さんと蒼井優さんの結婚の話題から

            スタート。プロ野球ニュースといいながらも

            どうしてもこの話題に触れたくて(笑)

            続いてサッカー日本代表の話題からの白根コーチとの話。

            ここ数日のブログの話題での前半戦。

             

             

            そして、後半はプロ野球の話。

            ソフトバンクに入団したカータースチュワート投手。

            実はこの選手の入団の経緯は変わっておりまして

            普通ならばどこかの球団に入団してそこから

            移籍してくるというのが通例。

            それがメジャーの球団に入団せずに最初に

            日本球団に来る、しかもこの選手は

            全米ドラフト1位にかかり8人目に

            アトランタブレーブスに入団。

            メディカルチェックでひっかかり

            契約金を下げられて入団を拒否。

            今年、再度ドラフトにかかる予定でしたが

            そのドラフト前にソフトバンクが

            触手を伸ばしたというわけです。

            ちなみに日本人選手でNPBの球団に

            入団せずにメジャーに即挑戦というのも

            あまり無いのですが、田澤純一投手が

            レッドソックスに入団する時に

            田澤ルールなるものを作って抵抗。

            NPB球団に属さず即メジャーに挑戦した

            選手はメジャーから戻る際には

            高校生からメジャーなら3年、

            大学社会人からメジャーなら2年の

            期間を要するというもの。

            田澤投手は日本に戻る気などさらさら

            なかっただけに、あまり意味はなかった

            ように思うのですが、今後同じ選手が

            出ないようにということですが

            ソフトバンクはその逆バージョンを

            初めてやったことになります。

            ただ、契約金が7,000万ドルということで

            資本力のあるチームでないと難しい。

            今後できるなら巨人や阪神、三木谷会長が

            野球にも力を入れれば楽天も可能か?

             

             

            そして、あかがねプロ野球ニュースでも

            注目の大船渡高校の佐々木朗希投手。

            2週間前に、素質を開花させるなら

            日本ハムあたりがいいねと言ってたら

            先日、早々に今年のドラフト会議での

            1位指名を公言しました。

            その年の一番いい選手を指名するという

            ぶれないスタンスですから、まだ今年の

            夏の高校野球も見る前に決めるというのは

            らしいといえばらしい。

             

            とかく盛りだくさんな内容で終わってから

            「よー喋ったなぁ」と思う程でした(笑)

            2019.06.06 Thursday

            蒼井優結婚

            0

              昨日のZipの中で芸能ニュースなのに

              トップニュースで出てきたのが蒼井優さんの

              結婚の話題。相手が山里亮太さんということが

              もっと大きな衝撃で見た瞬間に

              「まじか〜〜〜〜〜〜〜」という声が

              出てしまった。

               

              蒼井優さんといえば言わずと知れた名女優。

              V6の長野博や岡田准一と噂になり更には

              大森南朋や鈴木浩介、堤真一など共演した

              男優を骨抜きにしてきた。

              三浦春馬との報道で結婚もあるか?と

              思いましたが破局で直近は石崎ひゅーいと

              付き合っていた。そこも別れてそれからは

              浮いた話がなかったが、突然にこの

              結婚のニュース。本当に驚いた。

              週刊誌によると、とことん相手に尽くす

              蒼井優さんなので料理もプロ級だそうで

              胃袋も男性はがっつりつかまれる。

              奔放なイメージはあるが、嫉妬心も強く

              付き合う相手が外に行くのを嫌がるそうだ。

              過去の相手はずっと家にいなかったことが

              破局原因だそうだが、これだけの女性を

              射止めた山里さんは伝書鳩のごとく

              仕事と家庭の往復になるだろう。

               

              蒼井優さんといえばやはり「フラガール」

               

               

              この映画面白かったなぁ。

              主役は松雪泰子なのか蒼井優なのかわからないくらい。

              主演女優賞も助演女優賞も取った。

               

               

              あと、ミックスにも出演していが役柄がいい。

              卓球が得意な楊さん役もハマり役だった。

              この二人をみるだけでも十分意義があるくらい。

               

              幸せな家庭を作ってもらいたいものです。

              芸能ネタなんてほとんど書いた記憶が

              無いのですが、これはどうしても書きたくなるくらい

              強烈な印象与えてくれました。

              2019.06.05 Wednesday

              久々の松山ナイト

              0

                昨夜は松山の居酒屋で割と濃いメンバーの

                会合がありました。

                愛媛マンダリンパイレーツの白根コーチ、

                そして、南海放送のエースアナウンサーの

                江刺さん、あとはひめさぶろうさんという

                男4人の食事会です。

                実は江刺アナウンサーとこういう形で

                お会いするのは初めてなので若干の

                緊張感もありながらでしたが、開口一番

                ボケをかましてくれて和やかにスタート。

                僕のラジオ愛の話から始まって、それが

                無駄に長くひめ様に遮られるように

                白根コーチに野球の話をしてもらう。

                野球に興味のある二人だけに、今の

                プロ野球の話、白根コーチの現役時代の話。

                一番興味深かったのはカーブの話。

                今はカーブ投げるピッチャーが少なく

                なってきてはいるが、楽天の岸投手の

                カーブはえげつないとのこと。

                曲がってからが遅いカーブと曲がってからが

                早いカーブ(いわゆるパワーカーブ)の

                だいたいの投手はどちらかしか投げないが

                岸投手は2種類とも投げるからそうそう

                打てるものではないらしい。

                あと、山本昌さんとの対戦話も面白い。

                昌さんは体型が大きく、あのフォームで

                投げ込んでくるから18メートルの

                マウンドと打席の距離が15メートル

                ほどに感じてしまったそうだ(笑)

                そして、カーブは視界から消えるほど

                高い所からストライクゾーンに落ちる。

                そしてストレートは140k弱ながら

                そのカーブがあるので150kほどに感じたとか。

                2時間の宴会もあっという間で今後に

                つながるきっかけとしては一つできたかな?と

                思いました。

                その後、白根コーチと僕がどうしても

                行きたかったお店に。

                 

                20190605_2820497.jpg

                 

                Baseという宇和島東高校の野球部だった

                マスターのお店。ご覧の通りに店内には

                県内の強豪校のユニフォームが飾られています。

                白根コーチの出場した第92回大会の

                熱闘甲子園のDVDはもちろん置いてあり

                本人を前にあの試合を映像を見ながら振り返る。

                ホームランを打ったことはもちろんだが

                場面場面に映る内容は今でもしっかりと

                覚えているそうだ。なかなか経験できない

                いい時間を過ごすことができた。

                 

                20190605_2820495.jpg

                 

                すごく気持ちよく店を後にして、少し

                小腹も空いていたこともあり禁断の

                ラーメンを食べてしまった。

                大街道と二番町通りの交差点のところに

                あるお店でこの辛そうなラーメンに心奪われた。

                スープまで完食。美味しかった〜。

                 

                2019.06.04 Tuesday

                交流戦開幕

                0

                  今週は野球の話ばかりになりますが

                  ご了承くださいませ。

                   

                  今年も交流戦がいよいよ開幕しました。

                  交流戦といえばロッテの挑発ポスター。

                   

                   

                  昨年はさほどでもなかったのですが

                  今年は3年前のような感じで挑発しますね。

                  2年前の4コママンガはイマイチでしたので

                  やっぱりこのタッチが個人的には好きだ。

                   

                  さて、その挑発した阪神に対して

                  ロッテは3−11と惨敗。試合前に

                  矢野監督にこのポスターに関して

                  謝罪したとか何とかで、このポスターを

                  作った意味あったのか?

                  挑発してやられたのではカッコつきませんね。

                   

                  DeNAはどん底から復調気配。

                  パリーグ最下位のオリックス相手に

                  伊藤光(昨年オリックスから移籍)が

                  ホームランを放ち、3−1と快勝。

                  交流戦の最初にどこと当たるかは大事。

                  オリックスも昇り調子のDeNAが相手

                  だったというのはちょっと辛いかも。

                  同じく調子のいい阪神を相手にしたロッテも

                  ちょっと気の毒か?

                   

                  ようやく16で連敗を止めたヤクルトは

                  連勝中の日本ハムと対戦。

                  連敗中でも打線は良かった。それでも

                  悪かった投手陣がこの日も崩れて最後は

                  延長でサヨナラ負け。日本ハムが連勝を

                  7に伸ばした(1引き分けを含む)。

                  ヤクルトも相手が悪かった。

                   

                  楽天に3タテを食らったソフトバンクは

                  序盤からホームラン攻勢をかけて

                  中日相手に6−4と競り勝った。

                  そのソフトバンクを3タテした楽天は

                  巨人と対戦。巨人にしてみれば交流戦の

                  最初のカードで好調な楽天と当たるのは

                  嫌だっただろう。2年前も同じくコボスタで

                  対戦してエース菅野がめった打ちにあい

                  交流戦は3連敗スタート。その前から

                  続く連敗は13にまで伸びた悪夢がトラウマに

                  なっている方も多いのではないだろうか?

                  打撃戦になるかもしれないという予想も

                  あったが意外な投手戦になった。

                  1−1の8回に浅村の一発が飛びだして

                  勝負ありかと思われたが、9回に5月4日以来

                  失点のない松井から意外性の男・ビヤヌエバが

                  起死回生の逆転2ランを放って巨人が

                  今年の勝利の中でベスト5くらいに入るで

                  あろういい勝ち方で交流戦白星スタート。

                  この3連戦は今村、明日が田口、明後日が

                  桜井という若いピッチャーが先発だけに

                  正直不安がいっぱい。3連敗だけは何とか

                  避けてもらいたいと思っていたが初戦を

                  取れたのは大きい。

                   

                  最後に絶好調の広島は西武と対戦。

                  早々に4点を失うもあっという間に追いつき

                  試合は4−4で延長12回まで進む。

                  最後は中村剛のサヨナラヒットで西武が

                  白星をもぎ取った。

                   

                  今年はセ3勝、パ3勝と五分のスタート。

                  ここでの戦いがシーズンに大きく影響する

                  各チーム18試合。

                  ファンとしては楽しみな3週間となりそうだ。

                  2019.06.03 Monday

                  最近のスタンドたち

                  0

                    60357385_2375431212517658_2927192414642765824_n.jpg

                    60542014_2375431169184329_3775693839969288192_n.jpg

                    60957219_2375430955851017_194022068105248768_n.jpg

                    60659462_2375431012517678_5390764820742012928_n.jpg

                    60603101_2375431075851005_5213777731099033600_n.jpg

                    60975496_2375430912517688_5619925437930012672_n.jpg

                    60733425_2375430865851026_8672402460913958912_n.jpg

                    60829260_2375431119184334_3872301595920171008_n.jpg

                    2019.06.02 Sunday

                    5月最後のブライダル

                    0

                      5月に結婚式を挙げられた方が多く

                      一年の中でもブライダルに多く携わる

                      月になった今月の締めくくり。

                       

                      20190605_2820501.jpg

                      20190605_2820509.jpg

                      20190605_2820505.jpg

                      20190605_2820507.jpg

                       

                      今月はこのデザインが多かった。

                      やはり爽やかな白に加えてひまわりの時期にも

                      なってくるので黄色の華やかさがよくマッチする。

                      アルバムを見ていただくと、このデザインを

                      見た方はだいたい「これいいね」と言ってくれる。

                      こちらも自信を持って薦めるデザインだ。

                       

                      20190605_2820499.jpg

                       

                      ゲストフラワー。

                       

                      6月はジューンブライド。

                      また結婚式の画像アップしますね。

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM