2018.02.13 Tuesday

えひめフラワーフェスティバル2018 2日目

0

    昨夜のお酒が少し残ってるかな?と

    思いながら目覚めた日曜日。

    大量の水を飲んで、熱いシャワーを

    浴びて色々なことをリセット。

    ホテルから高島屋に向かうが寒い。

    前日は雨、この日は極寒。雨が

    ないのはいいが、作業を外で行うため

    やはりこの寒さはキツい。

    寒さに震えながら最後のイベントで配る

    花束作成に使うお花の下葉処理を手伝う。

    花を触っている僕の姿に皆が驚く。

    ああ、それだけこのイベントで僕が

    マイクでなく花を触ってるのは珍しい

    光景なんだな。

    前日ほどステージイベントもタイトな

    スケジュールではないので、ゆったりと

    2つの教室を行った。

    13時からはステージでeggのデモ。

     

    FB_IMG_1518358118570.jpg

     

    お互いをよく知っているので、話は聞きやすい。

    そして、今年も花の生産者の方に来ていただく。

    昨年も来ていただいた三上バラ園さんの三上さん。

    そして、スイートピーの第一人者の塩見さんと

    お二人に来ていただいた。

    昨年は直前まで生産者の方が来るのを知らず

    何を質問したらいいのか頭が回らなかった。

    二の轍は踏むまいと、今年は事前にいくつか

    質問を考えて臨むことができた。

    塩見さんのところのスイートピーは長くて

    とてもしっかりしている。その秘訣を

    教えてもらった。ビジネスなのである程度の

    量を作るのも必要だが、数を作りすぎると

    長さもあまりなく、茎も柔らかくなる。

    その中間のバランスをうまく取ってこれだけ

    いいスイートピーを生産しているとのこと。

    三上さんには作るバラの色の割合について

    聞いてみた。やはり赤が全体の4分の1。

    生産する色の中では割合が一番多いとのこと。

    ハウスの中の温度を17℃に保たないと

    いけないにも関わらず、この寒さでそこまで

    温度が上がらずに出荷するのに日数を

    要してしまうのが大変だという話だった。

    日々、天候や気温で花の状態が変わるので

    何日も空けることはできない。

    何なら今、お話をしている時でさえも

    ハウスの状態は気になってしまうくらいだそうだ。

    お二人に共通して言えたことは、生産を

    始めてから長く年数が経って気象が変わり

    それに合わせて生産する物や管理の仕方が

    変わってくる。それに適応するのにはやはり

    随分なご苦労があったそうだ。

    生産者のお話を聞くことはあまりないので

    その辺りのご苦労ややり甲斐の話を

    来ていただいている皆さんに少しでも

    伝わっていれば幸いです。

    それぞれ15分ずつお話を聞かせていただき

    その間にメンバーには花束を生けていただき

    8つの抽選会でプレゼントする素晴らしい

    花束ができた。

     

    DSC_5127.JPG

     

    2日間のイベントもいよいよクライマックス。

    最後のデモンストレーションと抽選会を

    残すのみとなった。

    たくさん提供いただいた花材も使いつつ

    こんなにたくさんの花束ができた。

    これも業界の皆さんが一致団結して

    花束を作りラッピングまでを流れ作業で

    効率よくしてくれるお陰だ。

    抽選会が始まる前の段階で100を超える

    お花が用意されていた。一昨年は200を

    超え、昨年は180という数字だったが

    当選本数を抑えて、なるべくボリュームの

    ある花束を皆さん意識して作成してくれた。

    デモで作ってくれた作品や教室の見本など

    後からどんどん出てきて、まだ最終の

    数字は把握してないのですが恐らく

    半分くらいの方にはお花が当たったように

    思います。

    デモの時は真剣に、抽選会では砕けた

    喋りを意識している。やはり抽選会の時は

    素でいけるので来場者の皆さんも割と

    笑っていただける。狙うとなかなか笑わせる

    ことは難しいのだが、さりげなく出る言葉で

    笑いが出ると妙な快感がある。

    2018.02.12 Monday

    えひめフラワーフェスティバル 1日目〜その2

    0

      花生け対決で華々しいスタートを切った

      今年のえひめフラワーフェスティバル。

      次のステージイベントまで20分しか

      ありませんが、やのさんと慌ただしく昼食。

       

      教室イベントではマイクアシスタント。

      NFDの皆さんが丁寧に教えてくださり

      皆さんとても楽しくお花に触れておりました。

       

      とにかくステージイベントがてんこ盛り。

      間髪入れずに次のイベントは審査を

      していただいた先生のデモ。

      トップ中のトップの先生のデモを無料で

      見る機会はあまりないので、ステージ前で

      観戦される皆さんは食い入るように

      見てくれていました。

       

      DSC_5124.JPG

       

      「もしかしたら途中で呼ぶかもしれません」と

      言われていたので、舞台脇でスタンバイ。

      あまり見ることのできない角度からの一枚です。

       

      1518399007187.jpg

       

      そして、初日の最後のステージイベントは

      ファイナル競技。5人のファイナリストが

      制限時間の中で花束とアレンジメントを

      作っていきます。

      なんとうちのスタッフの真鍋が出場。

      例年以上の緊張感を感じつつステージへ。

      ただ、ステージに上がればリードを

      してくれるやのちゃんがいるので安心。

      何だかんだで今年でこのイベントで

      マイクを握らせてもらうのは10年目。

      最初は思い返しても本当にひどかった。

      3年目で自信がついて、節目の10回目は

      志願してマイクを握らせてもらった。

      その後は「もういいよ」と言われるまでは

      続けようと思っている。毎年同じ人間が

      やるのってどうだろう?と思うこともあるが

      花を生けるよりこちらが性にはあっている。

       

      やっていることを見ている方にできるだけ

      わかりやすく説明をしたい。花の歳時記で

      話した内容などもたまに使ってみる。

      あの番組やってて良かった。

      50分の競技時間が終わり、競技者と同じ

      くらいの緊張感が解けてどっと疲れが出た。

      それでも、表彰式の準備をしなければならない。

      慌ただしく7階と8階を往復する。

      夕方の時点で万歩計は15,000歩になっていた。

      真鍋の結果がどうだったのか?私的な思いも

      あったが一番最初に結果を知ることができた。

      1位でジャパンカップの切符を掴んだのは

      徳島の中道さん。真鍋は惜しくも2位。

      実は中道さんは息子さんがこの日、受験で

      合格したとのことで親子揃ってサクラサク。

      ちょうど僕たちの司会の真横で競技を

      されていたので、その競技を一番近くで

      見ていたがファイナルに出た場合の

      練習を徳島メンバーで普段からやりこんでいる

      こともあり、その練習の成果がフルに発揮された。

      時間の使い方や花の処理の仕方などとにかく

      無駄が一切なかった。他の競技者も素晴らしい

      作品を多く作っていたものの、中道さんが

      やはり一枚上手でしたね。

       

      表彰式も終了し、初日は無事に終了。

      毎年のように四川飯店での懇親会。

       

      DSC_5125.JPG

       

      6年目にしてやのさんが初めて

      来ていただくことができた。翌日が

      鬼北町でのイベントにも関わらず

      二次会まで来てくれた。

      野球好きの僕のために、といいお店も

      紹介いただいたので今度行ってみよう。

      この写真をフェイスブックにアップしたら

      「似てますね」のコメントを多くいただいた。

      言われてみれば似てる???

       

      調子に乗って審査員の目黒先生と

      三次会まで行っちゃいました。

      実はラジオが大好きな目黒先生。

      話も弾んでちょっと飲みすぎたかな?

      ホテルの部屋に入るとすぐに泥のように

      眠りについた。

      2018.02.11 Sunday

      えひめフラワーフェスティバル 1日目

      0

        今年もこのイベントの季節がやってきた。

        えひめフラワーフェスティバル2018。

        今週、自分が出演したラジオ番組では

        このイベントのPR。

        愛媛の花業界の方々大集合の大きなイベント。

        前日から会場設営をされているメンバーの

        皆様、本当にご苦労さまです。

         

        僕は坊ちゃんコンテストに出品する

        社員の作品を持って土曜日に会場入り。

        オープニングセレモニーからマイクを

        握らせていただく。

        NFDに県からの感謝状の贈呈があり

        オフィシャルな感じで名前をお読みするのは

        やはり少し緊張する。無事に終わったところで

        この日の総合司会のやのひろみさんと合流。

        やのさんに司会をお願いして今回で6年目。

        えひめフラワーフェスティバルには

        欠かすことのできない存在となっている。

         

         

        今回、初の試みでフォトブースを用意。

        グリーンをバックにするとインスタ映えすると

        言われてましたが、ほんといいですね。

        フォトフレームを持ってやのさんと一枚。

        ひろみとひろたけで僕が勝手に名前をつけた

        ひろひろコンビも6年目。

        毎年思うことだが、彼女からの言葉の

        スルーパスは絶妙で、一緒に話していて

        詰まることはほとんどない。

        見に行っていたスタッフも「やのさんって

        すごい上手ですね」と感心しきりだった。

        伊達にこの業界に20年以上いるわけでない。

        今年もほんと助けていただきました。

         

        さて、イベントのスタートは愛媛の

        フローリストと徳島のフローリストが

        5人ずつ持ち時間3分のリレー形式で

        思い思いの花材を取って一つの作品を

        作っていきます。

        最近、『花生けバトル』が全国でかなり

        注目されており、先ごろ徳島県で行われた

        同大会の優勝者の阿部さんも参戦。

         

        DSC_5121.JPG

         

        すごい緊張感の中で行われて、愛媛の

        メンバーが作ったのがこちら。

        愛媛が生んだピンクのデルフィニウムの

        さくらひめをふんだんに使って、赤い枝の

        レッドウィローをデザインで活かしました。

         

        DSC_5122.JPG

         

        対する徳島の作品はこちら。

        北斗の拳風に言うなら柔の拳の愛媛に

        対して剛の拳の徳島といったところ

        でしょうか?顔の大きなダリアや

        大きな葉っぱのモンステラやアレカヤシを

        使ったかなり豪快な作品です。

         

        バトルと名が付くので白黒はっきり

        つけとこう!と来場のお客様に判定を

        拍手でつけてもらいます。

        結果は引き分け。甲乙つけがたく

        ジャッジのやのちゃんも苦渋の決断でした。

        2018.02.10 Saturday

        ひめさぶろうの花の歳時記 2/9

        0

          火曜日の花レンダーの中でも紹介を

          したのですが、今日から始まる

          えひめフラワーフェスティバル2018の

          紹介をこの番組内でもさせていただきました。

           

          img20170906230249875164.png

           

          花に魅せられる2日間のキャッチコピーは

          看板に偽りなし。愛媛の花に携わる全ての

          方が集結して行う愛媛最大級の花のイベント。

          もうすっかりこの時期の風物詩です。

           

          img20171109111250302039.png

           

          まず本日ですが、愛媛vs徳島の花生け対決から

          スタートいたします。昨年はデモをしていただいた

          徳島の精鋭部隊の皆さんですが、今年は愛媛が

          それを迎え撃つ構図です。

          火花バチバチのバトルをご堪能ください。

           

          その後行われるアレンジ教室ですが

          当日受付となりますので、お席に限りが

          ありますのでお早めにどうぞ!

           

          この日の総合司会はもう何年連続で

          来ていただいてもらってのでしょうか?

          やのひろみさんにお願いしております。

          マシンガントークで会場を盛り上げてくれます。

           

          15時からのジャパンカップ出場を懸けた

          ファイナル競技では僕も例年通りに

          解説でステージに上がります。

          年に一度のひろ・ひろコンビは今年も必見(?)

           

          img20171109111231567410.png

           

          11日は僕が総合司会を担当します。

          教室が2つありまして、昼からのステージイベントは

          eggが担当します。花の生産者さんにもお越し

          いただいてのデモンストレーション。

          ここで作ったお花は最後のプレゼントに回ります。

           

          そして、毎年尋常じゃない熱気に包まれる

          デモ&プレゼントでこのイベントを締めくくります。

          例年通りに300枚の抽選券をお配りして

          昨年は180本の当選というすさまじい数の

          お花のプレゼントをご用意しております。

           

          お花の展示も数多くありますので、是非

          たくさんの方に来場いただいて楽しんで

          帰っていただきたいと思っております。

          週末はいよてつ眦膕阿任待ちいたしております。

          2018.02.09 Friday

          スーパーカップ×ボンカレーゴールド

          0

            先日のらくさぶろうさんの番組で

            紹介されて絶賛されていたのがこちら。

             

            DSC_5100.JPG

             

            スーパーカップボンカレーゴールド味(辛口)

            スーパーカップの太麺は好きだ。

            とんこつは最高に美味い。それだけに

            これも期待感は高い。

            そして、使っているカレーがボンカレーゴールド。

            ボンカレーは発売から50年ということで

             

            6個までレタパOK ボン...

             

            こちらの松山容子さんがそれに寄せて

            コメントを出していましたね。

             

            僕が小学生の時に発売された

            ボンカレーゴールドのCMに出ていたのは

            王貞治さん。

             

            クリックすると新しいウィンドウで開きます

             

            CM終わりに「王さんも食べてるよ」

            というのが今でも妙に残ってます。

             

            当時は黄色いパッケージの辛口を

            食べることができなかったので

            もっぱら赤の甘口を食べておりました。

             

            大人になってからはカレーは辛口と

            決めておりますので、このラーメンの

            辛口というのも全然OKです。

            お湯を注いで3分待って食べたはいいが

            スパイシー辛口と書いているように

            とにかく香辛料の辛さがきつい。

            沁みるような辛さがあまり得意でないので

            食べてるとちょっと口が痛くなった。

            かなり期待感が高かった分、思ったような

            味ではなかったのでちょっと残念。

            食べた後にインライスをしたら

            美味しかったかな?

             

            2018.02.08 Thursday

            あかがねプロ野球ニュース 第4球 続き

            0

              前半でドラフト会議の話をして

              曲を挟んだら後半の時間が10分しかない。。。

              ただ、あの年のドラフトの話はやっぱり

              あれくらい時間をかけてやらないと。

              (本当はあと何人かについて話したかったの

              ですが、それをやるとドラフトの話だけで

              1週終わってしまいますので自重)

               

              さて、ようやく後半で野茂投手の話に。

              実はあのトルネード投法は高校入学前に

              体を捻ることで直球に威力が増すという

              ことに気付いて取り入れていたそうです。

              学生時代はそこまで捻ってはいなかった

              ようではありますが。

              高校卒業後にプロ入りの話もありは

              したそうですが、社会人野球へ。

              新日鉄堺に行った1年目に彼の代名詞

              フォークボールを習得します。

              なぜフォークボールだったかというと

              最初はスライダーを練習したそうですが

              ものにならなかったのでフォークにしたとか。

              1988年のソウルオリンピックでは

              古田敦也さんとのバッテリーを組み

              銀メダルを獲得。名実ともに社会人

              ナンバーワン投手となり、8球団から

              1位指名を受けることとなります。

               

              近鉄に入団してからももちろん

              ローテーションの一角を担いますが

              最初は勝てません。3試合くらい

              勝てずにいると、あの仏のような顔を

              した仰木監督が野茂を監督室に呼び

              「お前、ええ加減にせーよ」と怒ったそうです。

              後にも先にも野茂が怒られたのはこの時

              くらいだったと言われますが、その言葉で

              ゴールデンルーキーは目覚めて

              4/29のオリックス戦で17奪三振(当時の

              日本記録)をマークして初完投初勝利。

              その後も活躍を続けて、この年に獲得した

              タイトルは最多勝・最優秀防御率・最多奪三振・

              最高勝率の4冠。更にはベストナイン・新人王・

              前の年からパリーグの投手も選考対象になった

              沢村栄治賞、そしてシーズンMVPまで獲得。

              MVPは優勝したチームから選ばれることが

              常ではありますが、記者投票で選ぶこの賞は

              やはりというかインパクトを最高に残した

              野茂英雄投手が獲得したのは当然といえば当然か。

               

              順風満帆なプロ生活のスタートを切り

              その後も活躍を続けてはいきますが

              1994年のオフに近鉄を退団してメジャーへ。

              今の選手たちのように、もう一つの高みを

              目指してメジャーに行くのとは訳が違います。

              なぜ?どういうこと?と思われるでしょうが

              その答えは来週の番組の中で。

               

              インターネットでもラジオは聞けますので

              ハローニュー新居浜FMで検索してください。

              木曜日16:30からは"あかがねプロ野球ニュース"

              野球を知らない方からコアな方まで

              幅広い皆様にお楽しみいただける放送を目指します。

              2018.02.08 Thursday

              あかがねプロ野球ニュース 第4球

              0

                今日も冷えますが、放送はアツく。

                あかがねプロ野球ニュース第4球いってみましょう。

                 

                DSC_5115.JPG

                 

                山本清文君から4月に坊ちゃんスタジアムで

                開催されるヤクルト対阪神戦のつば九郎の

                サイン入りハガキをいただきました(笑)

                24日は火曜日なんで行ってみようかと思ってます。

                 

                さて、キャンプは始まりましたがまだ

                ペナントレース開幕までは大きな動きは

                ありませんので、その間のこのコーナーでは

                プロ野球英雄列伝のような形で記憶に

                残ったあの選手やこの選手の話を深く

                掘り下げて取り上げていきます。

                記念すべき第1回目は清文君のリクエストで

                野茂英雄投手を取りあげました。

                 

                野茂投手を語る上で1989年のドラフト会議の

                話をしないと始まりません。

                この年、史上最多の8球団から1位指名を

                受けた野茂投手。近鉄が見事クジを引き当て

                交渉権を獲得したのですが、じゃあこの年は

                他に1位指名するような選手が少なかったのか?

                という話にもなりかねませんが、そうではありません。

                ドラフト史上の中でもかなり豊作の年になります。

                では、まず野茂を指名しなかった4球団。

                巨人⇒大森剛〜慶応大学時代に3度のベストナインに

                輝く左のスラッガー。中畑清さんから背番号24を

                引き継ぎました。あまり大きな活躍はできずでしたが

                1996年の日本シリーズで鈴木平投手の魔球シンカーを

                センターにホームランを打ったのはインパクト大。

                広島⇒佐々岡真司〜広島のエースナンバーを背負い

                100勝100Sをマークした名投手。

                中日⇒与田剛〜翌年のセリーグ新人王に輝きます。

                実働年数は2年ですが、当時のプロ野球最高の

                157キロをマークして非常に記憶に残った投手。

                西武⇒潮崎哲也〜魔球シンカーの操り手として

                西武の勝利の方程式の一角を担う。

                この4選手だけでも「お〜」という感じですが

                外れ1位というにはあまりにも失礼な他球団の

                ドラフト1位指名はこちら。

                横浜大洋⇒佐々木主浩〜言わずと知れたハマの大魔神。

                日米通算で381セーブをマーク。東北福祉大学からの

                指名でしたが、当初はケガを理由に入団を渋っていたとか?

                ロッテ⇒小宮山悟〜長年ロッテのエースという

                看板を背負ったミスター精密機械もこの年の入団。

                阪神⇒葛西稔〜先発では目立った活躍は少なかったが

                リリーフに転向してから、遠山−葛西−遠山の

                リレーなど話題になった。

                日本ハム⇒酒井光次郎〜愛媛県人にとっては

                馴染みのある投手。松山商業出身でKKコンビの

                いるPL学園と1985年の夏に対戦して惜しくも

                1−2と惜敗したものの、清原を封じた。

                翌年は10勝を挙げる活躍をするも野茂投手が

                とんでもない数字を積み上げたため新人王に

                なることはできなかった。ただ、リーグから

                特別表彰を受けている。

                ヤクルト⇒西村龍次〜ヤクルトのエースとして活躍。

                ヤクルトで2度、移籍したダイエーで1度

                開幕投手を務めた時にはチームが優勝したという

                逸話の持ち主。

                ダイエー⇒元木大介〜言わずと知れたアイドル高校生。

                巨人入団を熱望したが、巨人は大森を1位指名した

                ためにダイエーが指名。これを拒否して1年間

                ハワイに野球留学するも、まともな練習ができず

                この1年のためにプロ入り後にいい状態に戻すまで

                かなりの時間を要したという。

                オリックス⇒佐藤和弘(パンチ佐藤)〜野球よりも

                本人のコメントで人気を集めた選手。

                ドラフト後に熊谷組に仰木監督から電話が

                かかってきて出た場面はよく見ましたね。

                2018.02.07 Wednesday

                東京の夜

                0

                  会議の後は懇親会。

                  基本的に会議と懇親会はワンセットです。

                   

                  FB_IMG_1517956485346.jpg

                   

                  この日も会議終わりには皆で食事。

                  毎回、担当者が変わって給食当番。

                   

                  DSC_5103.JPG

                  DSC_5104.JPG

                   

                  今回は中国ブロックの瀬島さんが

                  山陰料理をチョイスしてくれました。

                  普段食べない料理っていいですね。

                   

                  DSC_5105.JPG

                   

                  そして、宿泊は品川プリンスホテル。

                  初めての33階。さすが夜景がきれい。

                   

                  DSC_5107.JPG

                   

                  朝の雰囲気も良かったです。

                  次に行く時は少しは暖かくなってるかな?

                   

                  なかなか難しい宿題も与えられておりまして

                  期限も切られました。春先は花屋さんも

                  忙しくなりますので梅雨までにはある程度

                  クリアしないといけない部分もあります。

                  他の出向の皆さんはかなりできてますので

                  四国ブロックも頑張らねば。。。

                  2018.02.06 Tuesday

                  今日はここから

                  0

                    東京の花キューピット会館に来ております。

                     

                    DSC_5101.JPG

                     

                    今期最後のICTプロジェクト会議。

                     

                    DSC_5102.JPG

                     

                    先週のTIPSで「東京の人はなぜ歩くのが

                    早いのか?」という話になりましたが

                    飛行機を降りた時から皆さん確かに歩くのが早い。

                    自然と自分も歩くスピードが上がります。

                    あと、皆さん大変急いでいるのかトラベーターや

                    エスカレーターで歩く歩く。階段を使う方が

                    少ないのも印象的です。僕はあえて階段を使います。

                     

                    東京の空気が人を急がせるのだという結論で。

                     

                    さぁ、しっかり会議頑張ろう!

                     

                    2018.02.05 Monday

                    2月最初のブライダル

                    0

                      今週のブライダルはこちら。

                       

                      DSC_5096.JPG

                      DSC_5098.JPG

                      DSC_5099.JPG

                       

                      白を基調とした中に黄色がポイント。

                      グリーンも入れてということでしたので

                      丸葉ルスカスやミスカンサス、グニユーカリを

                      入れこみました。ダリアはネットで買ったので

                      イメージより少し小さかったかな?

                      その分、きれいなトルコキキョウが入ったので

                      いい存在感出してくれました。

                       

                      DSC_5097.JPG

                       

                      3月に向けて結婚式も増えてきますので

                      最近は打ち合わせに行く回数も増えてます。

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM